WHO世界保健機関ーゲーム障害を依存症に認定。潜む危険と対策は?

WHO世界保健機関が、ゲーム障害を新たな依存症に認定した。

【スポンサーリンク】

ゲーム依存症とは何でしょうか?

ゲーム障害について、さまざまな意見がある。

21歳会社員は?

このように、小学校低学年からゲームに没頭するなかで、それが生活の一部となっている。

ゲーム障害(依存)とは、どのような人のことをいうのでしょうか?

このように、3つの症状が1年以上連続でゲーム依存という。

このように、過剰なお受験やいじめ、仕事でのストレスや悩みなど辛いことを忘れるためやストレスを発散するためにゲームにのめり込む子どもや大人が多くなっている。

ゲームをやめさせるありきっていう方針はやめてください。

ギャンブルやアルコール依存症の人もだが、やめさせる。という考えでは対応は難しい。

このように、依存へと導く環境を見直すことが大事だということ。

スマホ時代。待ち行く人の声として、

このように、身体への影響を感じている人がいる。

身体への影響

斜視になってしまう可能性がある。

対策として

このように、距離30センチ以上離す。

30分ぐらい見たら5分~10分は、目を離して遠くのものを見る。

以上のように予防を行うことが大事。

没頭してとしても、休憩を取り入れながら行うようにして、身体への影響を予防していきましょう。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です