長谷川式簡易知能評価スケール(長谷川式認知症スケール)

下記の【長谷川式簡易知能評価スケール 書類データ】をクリックしてください。

長谷川式簡易知能評価スケール 書類データ

*こちらの認知症の診断でよく使われる書式です。

*保存や印刷も可能です。

精神科医の長谷川和夫氏が開発した簡易知能検査。認知症の診断に使われる認知機能テストのひとつ。かつては「長谷川式簡易知能評価スケール」と呼ばれていたが、2004年4月に痴呆症から認知症へ改称されたことに伴い、現在の名称に変更されている。認知症の認知機能テストにはさまざまな方法があるが、日本の医療現場では、長谷川式認知症スケールか、ミニ・メンタルステート試験(MMSE)が使われることが多い。長谷川式認知症スケールは見当識、記憶など9項目からなり、30点満点で20点以下は認知症の疑いが高まるとされる。また認知症であることが確定している場合は20点以上で軽度11~19点の場合は中等度10点以下で高度と判定する。認知症の検査で行われる場合は10~15分を要する。



→ 老年期うつ病評価尺度(Geriatric depression scale 15;GDS15)

→ 精神状態短時間検査(MMSE)~認知機能評価 評価用紙 点数 項目 検査~

引用
~本人の心の声を届けたい~ 認知症フォーラム
https://www.ninchisho-forum.com/keywords/ha_02.html

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です