認知症ケア指導管理士(資格・試験)

認知症ケア指導管理士(初級)

高齢社会を迎え、我が国では認知症を発症する人は今後も増加すると考えられています。「認知症ケア指導管理士」は、認知症の方への適切なケア、ケアを行う方への指導・管理を行える人材の育成など、介護・医療現場で認知症ケアに携わる方の専門性向上を目的に創設された資格です。 認知症や認知症ケアを学び、認知症の方やそのご家族に適切な認知症ケアを通じて、尊厳、安心を提供するための資格です。

介護施設・医療機関等で認知症ケアに携わる介護・医療従事者の方、ご家族の介護を考えておられる方、介護のお仕事を考えておられる方への認知症ケア等の知識の習得を目指す資格であり、17,000人を超える資格所有者が活躍しています。認知症ケア等に関する知識を問う認定試験において、基準点以上を獲得した方に対して、「認知症ケア指導管理士」として財団法人職業技能振興会が認定いたします。認定試験は年2回(7月および12月)開催予定、詳細につきましては認定試験案内をご覧ください。

第19回 認知症ケア指導管理士認定試験 概要

試験日時 2019年7月7日(日)10:30~12:00
試験会場 東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡・長崎・富山・秋田
(試験会場の詳細は、受験者人数確定後の決定となります。受験票を確認して下さい)
※過去の試験会場はこちらよりご確認できます。
受験料 一般 → 7,500円
学生 → 4,000円 (学生は大学生・専門学校生・高校生が対象です)
※受験料は必ず受験者本人の名前でお振込下さい。
※受験者の都合で受験を取り止めた場合、受験料の返却・試験の振替などは
一切行いませんのであらかじめご了承ください。
団体受験 施設、病棟、学校など団体受験も承っております。
団体受験をご希望の場合は、事務局にご連絡下さい。
(事務局:03-5823-7885)
受験資格 資格や実務経験の有無に関わらず、どなたでも受験できます。
(受験生の約6割が介護職の方、約3割が医療職の方です)
出題数・形式 60問・五肢択一(マークシート方式)
合格基準 問題の総得点の7割を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者
認定 合格者に対して「一般財団法人職業技能振興会」および「総合ケア推進協議会」が認定します。
過去受験者数 こちらよりご覧ください。
出題科目
  1. 認知症高齢者の現状
  2. 認知症の医学的理解
  3. 認知症の心理的理解
  4. 認知症ケアの理念と認知症ケア指導管理士の役割
  5. 認知症ケアの実践
  6. 日常生活支援
  7. 認知症への薬物療法
  8. 認知症への非薬物療法
  9. 家族への支援
  10. 認知症ケアにおける社会資源
  11. 応用問題(時事問題など)
出題科目関連 認知症に関連する情報はこちら
教材 認知症ケア指導管理士(初級)試験公式テキスト 2,000円(税別)
※全国の書店やウェブストアでご購入いただけます。
試験対策講座 認知症ケア指導管理士(初級)資格対策講座
6月開催(東京会場のみ)
6月短期講座(3日間・認知症ケアを基礎から学習)詳細はこちら

6月開催(全国主要都市)
直前模擬試験解答・解説講座(1日・試験対策講座)詳細はこちら

受付期間 受験料振込期限:2019年5月17日(金)
願書送付期限  :2019年5月20日(月)※当日消印有効
受験時の諸注意 願書記入例・よくある質問※pdfファイルが開きます
送付物 受験願書(写真をお貼り下さい)・学生証のコピー(学生のみ)
願書送付先 〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-32-3 2階
一般社団法人総合ケア推進協議会
合否通知 認定試験終了後、約6週間後に合否を郵送でお知らせします。
認定証の交付 試験合格者のみ、認定登録料2,000円を別途お振込みください。
お振込み確認後、認定証を交付します。
願書入手方法 下記、「案内書と願書の入手方法」よりダウンロードして入手、または電話、メールフォームより請求
受験から合格までの流れ こちらよりご確認ください。

 

上級認知症ケア指導管理士認定試験

「上級認知症ケア指導管理士」は、介護・医療現場における認知症および 認知症ケアに対する専門性を高め、指導者としての人材の育成を 目的に「認知症ケア指導管理士(初級)」の上級資格として創設しました。

第7回 上級認知症ケア指導管理士認定試験 概要

試験日時 一次試験:2019年7月7日(日)13:30~15:00
二次試験:2019年12月上旬開催
試験会場 東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡・富山
(試験会場の詳細は、受験者人数確定後の決定となります。受験票を確認して下さい)
※過去の試験会場はこちらよりご確認できます。
受験料 一次試験 → 12,000円
二次試験 → 6,000円 ※一次試験合格者のみ
受験資格 受験資格:①~③のいずれかの条件を満たす方
(どの条件においても、「認知症ケア指導管理士試験(初級)」試験は必ずご受験いただく必要がございます)
※フローチャートで確認する場合はこちら(pdfが開きます)

①第1回(2010年7月)~第17回(2018年7月)認知症ケア指導管理士試験(初級)に合格された方で、認知症ケア指導管理士試験(初級)資格を保持している方。 (有効期限にご注意ください。)

②第18回(2018年12月)認知症ケア指導管理士(初級)試験に合格された方で、国家資格または国家資格に準ずる資格(下記※1参照)を所持する方
(認知症ケア指導管理士(初級)の認定登録をされてる方に限ります。)

③国家資格または国家資格に準ずる資格(下記※1参照)を所持する方で、「認知症ケア指導管理士(初級)試験」と、「上級認知症ケア指導管理士 一次試験」を併願受験する方(初級資格未取得者)

※1 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師、きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士

・二次試験につきましては一次試験に合格された方のみが対象となります。
・上級試験に合格された方で初級試験不合格の場合は、資格保留となり以降3年間以内に初級資格の取得が必要となります。

出題形式 一次試験→60問・五肢複択、マークシート方式 90分
二次試験→論述形式 90分
(認知症ケアを含めたケア全般に関する状況設定問題や
ケアに関する思考を問う論述問題を出題予定)
合格基準 一次試験→合格最低点を合否通知時に通知
二次試験→課題に対する対応力、判断力を問う
認定 合格者に対して「一般財団法人職業技能振興会」および「総合ケア推進協議会」が認定します。
過去受験者数 こちらよりご覧下さい。
参考書籍 ・総合ケアシリーズ シリーズⅠ 「認知症ケア論」2,800円(税別)
・総合ケアシリーズ シリーズⅡ 「多角的ケア論」3,600円(税別) 

※全国の書店やウェブストアでご購入いただけます。
受付期間 受験料振込期限:2019年5月17日(金)
願書送付期限  :2019年5月20日(月)※当日消印有効
よくある質問 上級試験の受験に関する諸注意・よくある質問・受験資格の確認※pdfファイルが開きます
送付物 受験願書、受験資格②または③に該当する方は国家資格・国家資格に準ずる資格の写し
送付先 〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-32-3 2階
一般社団法人総合ケア推進協議会
合否通知 認定試験終了後、約6週間後に合否を郵送でお知らせします。
認定証の交付 二次試験合格者のみ、認定登録料2,000円を別途お振込みください。
お振込み確認後、認定証を交付します。

 

引用文献

資格取得キャリアカレッジ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です