認知症を改善させるには、『評価をもとにした治療』するだけ!【食事療法】ー【小麦】【乳製品】【添加物】が認知症の症状を悪化させる

【食事療法】

認知症を改善する上で、食事療法は必須です。そんな理由で、ネットや健康番組ではトマトがいい、ビールがいい、コーヒーがいい、マグロがいい、大豆がいい、生野菜がいい…など取り上げられています。
本当のことを言うと、どれも体に良いです。もちろん、腎不全の人は水銀を多く含むマグロを避けることが必要です。でも、腎臓の状態や内臓治療で機能改善すれば食べても大丈夫な人もいます。
なので、体に良い食材やその人とってはダメな食材は個別の評価が必要です。
しかし、誰が食べても「ダメ!」とはっきり言えるモノがあります!
それは、、、【小麦】【乳製品】【添加物】です。

【小麦】【乳製品】【添加物】が認知症の症状を悪化させる理由

これら3つには共通することがあります。
それは、腸の炎症を発生させることです。結果として脳細胞の機能低下を招き、認知症状を悪化させます。
腸の炎症とは「リーキーガット症候群」のことです。リーキーガット症候群とは腸に穴が空いて、消化物と腸内細菌が腸の外へ漏れ出て熱を発生(炎症)させることです。
炎症が起これば、腹部の温度が上がり脳細胞を含め全身を熱で覆います。
脳細胞は熱に触れるとしんどくなりボーっとしてきます。この「ボーっと」なってし待っているのが脳細胞の機能低下です。

引用文献
最新認知症予防・改善マニュアル
日本認知症リハビリテーション協会
代表 岡本 一馬


→ 戻る

→ 次へ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です