診療情報管理士(資格・試験)

診療情報管理士とは

診療情報のデータベース化、分析を通して
病院経営と医療の安全を守る医療情報のエキスパート!

病院には、診療内容や患者様の病状、検査記録などを記録した「診療記録」、通称「カルテ」と呼ばれるものがあります。「診療情報管理士」とは、この診療記録と情報を正しく管理し、さらにデータを分析、加工することによって病院経営や医療の質を高める、診療情報の専門家のこと。日本病院会が認定する養成施設で学んだ後、認定試験に合格すると「診療情報管理士」として認定、登録されます。

「カルテを見れば病院の質が分かる」とさえ言われるように、そこには診療の記録、そして病院のあらゆる情報がつまっており、間違いや記載漏れは許されません。記録に間違いがないか診療内容を点検したり、必要に応じて手術記録や看護記録、検査記録を検索し、情報提供をすることも大事な仕事であるため、医学的な知識や他の職種とのコミュニケーション力が求められます。

診療情報管理士は、情報を管理するだけでなく、データを分析し統計を出すことによって医療の質向上、診療のムダを省くことにつながったり、新しい治療方法の研究として利用できるため、的確な診療と健全な病院経営に欠かせない、大事な役割を担っているのです。情報化が進み、カルテの開示も法制化された現代、診療情報を専門的に管理する診療情報管理士のニーズは、今後ますます高まることが予想されており、まさに今注目の資格だといえます。

診療情報管理士の魅力ポイント!

1就職率、将来性の高い専門職
診療情報管理士は、医療事務資格の中でも最高位とされる専門資格。就職時に有利なことはもちろん、病院の中でもまだまだ不足しているため、とても需要の高い職種です
2専門性の高い、やりがいのある仕事
カルテや検査記録などの情報を管理、分析する診療情報管理士は、病院経営の面でもなくてはならない存在。病院を支える専門職として、やりがいをもって働くことができます
3医療の知識を身につけることができる
医学的な知識や健康保険の知識なども勉強するので、日常生活に役立つ知識もたくさんあります

診療情報管理士への道のり

高い専門性と確かな知識が求められる仕事。
協会認定の養成施設で学び、資格取得にチャレンジ!

養成施設を修了して認定試験にチャレンジ

「診療情報管理士」になるには、日本病院会が実施する「診療情報管理士認定試験」に合格しなければなりません。そして認定試験を受験するには、日本病院会が認定する養成施設で必要課程を修了するか、日本病院会が主催する通信教育を修了することが必要になります。
ただし、通信教育を受講するためには、病院での実務経験や、専門学校・短期大学卒業以上の学歴という受講条件をクリアしなければならないため、一般的には、認定を受けた専門学校などで学ぶことが一番の近道だといえます。

医療に関する幅広い専門知識が求められます

診療情報管理士は、カルテをデータベース化し、情報を管理、分析する専門家。医師や看護師、患者様に対して必要な情報を適確に提供することが求められますが、そのためには、情報処理やデータベースの知識だけでなく、医学に関する基礎知識や医療保険、また診療費の会計処理といった医療事務関連の知識まで、幅広い分野の専門知識が必要になります。
養成施設では、こうした様々な分野を広く学びますが、現場で活躍できる診療情報管理士になるためには、資格取得だけでなく、医療、病院経営に関するあらゆる知識をしっかりと自分のものにしておくことが大切です。
また、診療情報管理士の他に「医療秘書技能検定試験」や「医事コンピュータ技能検定試験」といった関連資格もありますので、あわせて取得しておくと、就職時に有利になったり、活躍の場がさらに広がります。

診療情報管理士までの道のり

引用文献
診療情報管理士-医療をサポートする仕事|ナリカタ
【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です