言語聴覚士(資格・試験)

言語聴覚士とは

言語聴覚士は、「言語聴覚士法」にもとづく国家資格です。言語聴覚士はST(Speech Therapist)と呼ばれることもあります。

言語聴覚士は、同法第2において『音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者』と位置づけられています。

言語聴覚士の仕事

言語聴覚士として働く現場には、病院やリハビリテーション施設、社会福祉施設、教育機関等があります。

言語聴覚士は、先天的又は後天的な原因のため、ことばによるコミュニケーションに何らかの問題がある方がたに、医師又は歯科医師の指示のもと、専門的なサービスを提供しています。

具体的な業務としては聴力や音声機能、言語機能の検査及び訓練や助言を行うほか、摂食や嚥下障害の問題にも専門的に対応しています。

言語聴覚士の養成校で学ぶこと

養成校のカリキュラムは、大きく分けて「基礎分野」、「専門基礎分野」、「専門分野」の3分野で構成されています。基礎分野は、人文科学、社会科学といった一般教養科目が中心です。専門基礎分野では、基礎医学、臨床医学、臨床歯科学など、言語聴覚障害学の基礎となる内容を学びます。

専門分野は、言語聴覚士として働くうえで対象となる障害や疾患について詳しく学ぶ学科です。講義と演習をとおして、失語障害や高次機能障害、言語発達障害、聴覚障害、摂食・嚥下障害などの原因や症状、治療法を学び、リハビリテーション技術などを身につけていきます。

言語聴覚士の資格取得方法

言語聴覚士は①から③までのいずれかの要件に該当し、言語聴覚士国家試験に合格し、言語聴覚士として登録することにより、言語聴覚士を名乗ることができます。

※詳細な受験資格については、関係リンクをご参照ください。

①  言語聴覚士養成校(4年制大学、3年制短期大学、専門学校)卒業者

②  外国の言語聴覚士に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で言語聴覚士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が認めたもの

平成28年現在の言語聴覚士登録者数は、15,007人となっています。

言語聴覚士国家試験は年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(財)医療研修推進財団が試験の実施及び登録の事務を行っています。

言語聴覚士に向いている人

言語聴覚士が対象とする患者さんは、様々な症状や悩みを抱えています。そんな患者さんの立場を理解し、寄り添える人は言語聴覚士に向いているでしょう。ここでは、どのような人が言語聴覚士に向いているのか、詳しく説明していきます。

引用文献

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です