自立支援介護の基礎 ~水分ケア① 総水分量 体内水分量


自立支援介護の基礎
4つの基本ケア

高齢者ケアには、すべてに共通する「基本ケア」と個々のADLや認知症状のための「個別ケア」とがある。いずれも個々のADL自立のためには不可欠であるが、なかでも「基本ケア」の4つ。「水分」「栄養」「運動」「便通」は、身体介護であろうと認知症介護であろうと、また後で述べる胃こうから経口常食への移行をはかるうえでも共通してものとなっている。

1.基本ケアの意義 -健康と活動生の条件

基本ケアは次の4つから成っている。量的な目安も示す。

水分:1日1500ml
栄養:1日1500kcl
運動:1日2km
便通:3日以内の自然排便

この4項目をみれば明らかなように、これは「健康」を支える4項目であり、生活習慣病予防の中心項目である(生活習慣病ではこの4項目のほかに「禁煙」や「ストレスの少ない生活」などが追加される)。
この4つの項目は「活動性」を支えるものであることも分かる。
水分は心身の活動性そのものを支配する物質であり、栄養は活動力の源泉、運動(主に歩行)は活動そのものであり同時に活動性の維持や苦情のために不可欠のものである。便通は消化器機能を反映し、さらに最近では免疫機能への強い関与もいわれており栄養面から全身の活性化を寄与している。

2.4項目の連鎖

この4項目は互いに強く影響しあっている。水分が不足すると体は動かなくなり(運動性の低下)、食欲を失うし、便秘を引き起こす。水分不足のまま歩行練習をするというのは成果が上がらない。また水分不足のまま下剤を飲んでも便秘は改善しない。したがって、これら4つの項目が揃ってはじめて効果を発揮する。



水分ケア ~高齢者介護は水で始まり水で終わる

4つの基本ケアの中でも「水分」のもつ意義は格段に大きい。
・ふだんコミュニケーションもとれない高齢者が水をよく飲むようになって顔付きもはっきりし、笑顔で話したり冗談もいうようになった。
・フロア全体の水分摂取量が増えたら夜間不眠や夜間不穏となる利用者がいなくなり良眠するようになった。
・水分摂取量が増えたら肺炎での入院がいなくなった。

1.ケアに必要な水分の知識

1) 体内の総水分量と水の出入り

“水は生命の源”とはよく言われていることばである。実際に断食の修業を行っている僧侶でも水だけは飲む。水を飲まないと死んでしまうからである。この事業は、水が生命の存続と深く関わっていることを示している。また、生きているということは“活動している”ことでもある。たとえ横になって静かにしていても心臓や肺などの臓器は活動している。ということは生きるということは生きるということは活動することであり、水は生命の源ということばは“水は活動の源”といいかえることもできる。
この生命(活動)を可能とするために、私たちの体は大量の水を抱えている。それらを世代別に示すとおよそ次のようである。

乳幼児 体重の80%
成人  体重の60%
高齢者 体重の50%

年齢が進むにつれて体内水分量は減っていく。これは成長のさかんな乳幼児を成人、さらに高齢者とではいわゆる新陳代謝が異なるからである。新陳代謝が旺盛な世代ほど体内水分が多く、つまりはそれだけ大量の水分を必要としていることを示している。
この多量な水分は、細胞の外と内に分布して存在し、その比率は1:2で、細胞の外にある水分(細胞外水分)は細胞の「快適環境」つくり出している。
細胞外水分は「血液」と「組織間液」に大別され、前者は血管内を流れ、後者は細胞と細胞の間を流れている。
私たちの体の体温は、腋窩温(腋の下での計測)で36.5℃ほどだが、この温度が細胞にとってもっとも快適で機能を最大限に発揮しやすい。この温度にたもつには血液が大いに働き、低体温になると熱を体の隅々まで運んで温め、高体温になると細胞から熱を運び去り皮膚から発散される。これは水分(このうちの血液)が、細胞の環境づくりを行っている一例である。
細胞内にある水分は、細胞が行う「代謝」にかかわっていく。水分なくしては代謝は行われず生命活動は途絶えてしまう。これらをまとめると次のようになる。

≪水の分布≫   <比率>   ≪はたらき≫
細胞外水分     1     細胞の快適環境づくり
(血液、組織間液)   :
細胞内水分     2     代謝活動

→ 水分ケア② 不眠 尿毒症 不感蒸泄 アシドーシス

→ 水分ケア③ 水分摂取量 水分欠乏 意識障

→ 水分ケア④ 水分欠乏 便秘 脱水 低血糖

→ 水分ケア⑤ 水分摂取量 心不全 水分制限

引用文献 参考文献
新版 介護基礎学 ~高齢者自立支援の理解と実践
竹内孝仁 著書

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です