精神保健福祉士(資格・試験)

資格制度の概要

根拠

精神保健福祉士法 (平成9年12月19日法律第131号)

法の目的

精神保健福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進に寄与することを目的としています。(法第1条)

法律の内容

精神保健福祉士は、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の地域相談支援の利用に関する相談その他の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行なうこと(以下「相談援助」といいます)を業とする者で、一定の受験資格を有する者が、国家試験を受験し、これに合格した者が所定の登録を受けることにより、精神保健福祉士の資格を取得することができるものです。
精神保健福祉士国家試験は、精神保健福祉士として必要な知識及び技能について筆記試験の方法により行ないます。

公益財団法人社会福祉振興・試験センターは、厚生労働大臣の指定を受けた指定試験機関・指定登録機関として、厚生労働大臣に代わって精神保健福祉士国家試験の実施及び登録の事務を行なっています。

受験資格(資格取得ルート図)

受験資格取得ルート図

試験概要

第21回(平成30年度)精神保健福祉士国家試験の受験申し込み受付期間は、平成30年10月5日(金曜日)に終了しております。

参考

1 試験日
第21回試験
平成31年2月2日(土曜日)
2月3日(日曜日)
第22回試験(予定)

平成32年2月上旬

2 受験申込書の受付期間
第21回試験
平成30年9月6日(木曜日)から
10月5日(金曜日)
第22回試験(予定)

平成31年9月上旬から10月上旬

3 試験地(第21回)(7試験地)

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

4 試験科目(第21回)(16科目群)

1)精神疾患とその治療、 2)精神保健の課題と支援、 3)精神保健福祉相談援助の基盤、 4)精神保健福祉の理論と相談援助の展開、 5)精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム、 6)人体の構造と機能及び疾病、 7)心理学理論と心理的支援、 8)社会理論と社会システム、 9)現代社会と福祉、 10)地域福祉の理論と方法、 11)福祉行財政と福祉計画、 12)社会保障、 13)障害者に対する支援と障害者自立支援制度、 14)低所得者に対する支援と生活保護制度、 15)保健医療サービス、 16)権利擁護と成年後見制度

5 受験資格(第21回)
  • (1) 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方(平成31年3月31日までに卒業見込みの方を含みます。)
  • (2) 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方(平成31年3月31日までに従事する見込みの方を含みます。)
  • (3) 精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方(平成31年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。)
  • (4) 精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方(平成31年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。)
6 受験手数料(第21回)

精神保健福祉士のみ受験する場合: 17,610円
精神保健福祉士と社会福祉士を同時に受験する場合: 28,140円イコール精神14,160円プラス社会13,980円)
精神保健福祉士の共通科目免除により受験する場合: 14,080円

7 合格発表(第21回)

平成31年3月15日(金曜日)

引用文献

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です