福祉力検定(資格・試験)

福祉には、「障害者福祉」「健康福祉」「医療福祉」「高齢者福祉」「司法福祉」などの様々な分野があります。福祉力検定は、この多岐にわたる福祉の世界を、スモールステップで効率よく学んでいくための仕組みです。

「福祉の心+福祉の知識=福祉力」を身に付けたいと思っている方であれば、どなたでもチャレンジできる検定試験です。

私たち日本福祉力検定協会は、これから皆さんが、福祉に関する学びを深めていくための手がかりを提供するとともに、そこで得た知識が皆さん自身の生活に新しい発見をもたらすきっかけになることを願っています。

そして、福祉の心+福祉の知識を総合した「福祉力」を身に付けた皆さんと共に、「誰にとっても生きやすい世の中の実現に寄与していきたい」ということが、私たちの願いです。

福祉力検定を知る

 検定概要

福祉力検定は一般財団法人日本福祉力検定協会が実施している「福祉の心+福祉の知識=福祉力」を身に付けたいと思っている方であれば、どなたでもチャレンジできる検定試験です。

 よくある質問

お客さまからいただくよくあるご質問をQ&A形式でまとめました。福祉力検定への疑問や質問が当ページにない場合、お問い合わせフォームから質問内容を送信してください。

 試験問題

検定試験には、日本福祉力検定協会発刊の「福祉力検定問題集」に出題された問題がそのまま出題されます。検定試験は復習の場だとご理解いただき、解説を読みながらじっくり取り組んでいただければ幸いです

試験要項

2級 3級
出題範囲 ①障害の理解②高齢者の理解③コミュニケーション力④福祉の理念⑤母子・児童⑥医療福祉一般 ①障害の理解②高齢者の理解③コミュニケーション力④福祉の理念
学習
手引き
本試験は、一般財団法人日本福祉力検定協会が発刊している問題集より出題されます。問題集は出題分野ごとに解説があり、理解を深めることができます。当協会にて販売を行っております。検定申込と同時にお申込ください。
申込方法 受検予約・変更・キャンセルは、CBT-Solutions社の試験システムを利用しております。試験のお申込みから当日の受検まで、全てパソコンで行うことが可能です。受検者様の都合の良い日時・試験会場にて受検可能です。
※試験日設定時の注意:当協会が発刊する問題集の想定学習期間は、2級は約2か月、3級は約1か月となります。受検予約日を設定時には、2級は申込日から約2か月後、3級は約1か月後以降の予約を目安にお願い致します。
受検条件 日本語による受検が可能な方であれば、年齢、福祉業界の実務経験など有無は問いません。どなたでも受検可能です。
試験方式 CBT方式の四肢択一での実施となります。
※CBT方式とは、コンピュータ画面に表示される選択問題に解答する試験方式です。
試験会場 全国47都道府県200会場から、ご自宅の最寄りの会場をお選びいただけます。
問題数 100問 50問
試験時間 60分 60分
合否基準 総得点が満点の70%で合格となります。
結果発表 試験結果は試験終了後ただちに判明いたします。テストセンターにて、スコアレポートをお渡しします。合格の場合は合格証書を2週間を目途に送付します。
受検費用
(税込)
19,800円
(受検料16,200円 問題集3,240円 問題集送料360円)


特別価格:合計14,400円

(受験料10,800円 問題集3,240円 送料360円)
※3級合格者は特別価格が適用されます。

10,080円
(受検料7,560円  問題集2,160円 問題集送料360円)
2・3級併願(税込):24,120円
(受検料18,360円 2級問題集3,240円 3級問題集2,160円 問題集送料360円)
※2・3級の単願受検時より5,760円割引となります。
※2・3級を別日程で受検希望される場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
支払方法 以下3通りから選択下さい。

  • クレジットカード決済
  • コンビニエンスストア決済
  • Pay-easy(ペイジー)決済(Pay-easy:ゆうちょ銀行ATM・ゆうちょダイレクト、銀行などのATMやネットバンキング)
受検上の注意 受検規約プライバシーポリシーをご確認ください。
問い合わせ先 一般財団法人 日本福祉力検定協会(http://www.fukken.or.jp/)
TEL:0120-294-378(平日9:00~18:00)
E-mail:info@fukken.or.jp

 

引用文献

 

一般財団法人日本福祉力検定協会  お電話でのお問い合わせ 0120-294-378

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です