福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 資格・受験

「福祉住環境コーディネーター」とは

福祉住環境コーディネーター_画像

高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすい住環境を提案する。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすく、使いやすい住環境を提案する仕事です。

ケアマネージャーや建築士、工務店などと連携して、段差の解消や手すりの設置などといった住まいのコーディネートを行ったり、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品などの提案、適切な使い方のアドバイスをしたりもします。

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が認定する民間の検定資格ですが、まだ歴史が新しく、介護や福祉、建築などの分野に就職した後、その職場において資格を生かせる業務を見つけていく働き方になるでしょう。

今後、この資格の認知度が高まれば、福祉や建築関係の領域で、活躍できる場がさらに広がっていくものと考えられます。

「福祉住環境コーディネーター」の仕事紹介

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

高齢者や障害者の住環境を支えるエキスパート

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすく、使いやすい住環境を提案し調整を行う仕事です。

バリアフリー住宅の新築やリノベーションを希望する顧客の相談に応じ、ケアマネジャーや医療従事者、建築士、工務店などと連携して、段差の解消や手すりの設置などの住まいのコーディネートを行います。

また、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品などの提案、適切な使い方をアドバイスするのも福祉住環境コーディネーターの大切な仕事です。

個人住宅に限らず、グループホームやケアハウス、有料老人ホームなどのコーディネートを任されることもあります。

福祉住環境コーディネーターの就職先・活躍の場

介護福祉系、建築系と幅広い就職先

福祉住環境コーディネーターの資格ができたのが1999年ということもあり、歴史がまだ浅いため、福祉住環境コーディネーターとして募集している企業はまだまだ少ないのが現状です。

多くの方が、介護用品の営業職や福祉用具専門相談員として介護福祉系の企業に就職する、建築業界でリノベーションのコンサルタントとして働くなど、この資格を活かせる仕事を探して就職しています。

持っていれば、介護福祉系、建築系、不動産系、医療機関など幅広い業界で活躍できますので、これからニーズが高まる職種といえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの1日

福祉用具専門相談員と兼任している、福祉住環境コーディネーターの1日をご紹介します。

8:00 準備
始業する前に、その日のスケジュールを把握、職員と共有します。

8:30 始業
事務所内で窓口業務、電話対応、事務作業を行います。

9:00 住宅調査
利用者の自宅に訪問し、すべての住環境の調査を行います。

利用者にいつまでにどこの工事を終わらせたいのかを確認し、一緒に同席している医療従事者、建築業者とも打ち合わせを行います。

手すりの取り付けだけでも、周辺の壁や階段の工事が入る場合がありますので、施工完了まで1か月かかることもあります。

12:00 お昼休憩
午後も相談業務ができるように、しっかりお昼をとります。

13:00 施工中の住宅を訪問
担当している大工さんとともに2件目として、扉を施工中の利用者宅へ向かいます。
開きやすさや安全面などを細かくチェックしていきます。

15:00 住宅調査
お風呂の交換を要望している利用者宅へ訪問します。
お体の状態をケアマネジャーと確認しながら、利用者に合った浴槽、お風呂場の改修提案を行います。

17:00 事務作業
「住宅改修が必要な理由書」などの書類作成を行います。
合間でケアマネジャーや医療従事者、建築士などにも連絡を入れます。

19:00 帰社
明日の準備を行い、退社します。

福祉住環境コーディネーターになるには

介護福祉や建築、不動産業界に勤めながら資格を取る人も

福祉住環境コーディネーターは、介護福祉や建築、不動産業界で役立つ資格です。

そのため、ご自身が興味のある業界で働きながら福祉住環境コーディネーター1~3級を取得し、仕事に活かす方が半数を占めています。

一方で、受験資格に年齢や学歴がないことから、3級では学生の受験も多いのも特徴です。

学生のうちに資格を取得し、学んだことを踏まえて就職する業界や会社を探す方もいます。

福祉住環境コーディネーター2級を取得すると、ケアマネジャーや作業療法士などの専門職にしか認められていなかった書類作成も可能になり、業務内容の幅が大きく広がります。

福祉住環境コーディネーターの学校・学費

学歴、年齢不問で誰でもチャレンジできる

福祉住環境コーディネーターの検定は、学歴、年齢、性別、国籍不問で、誰でも試験を受けることができます。

ただし、1級のみ2級合格者でないと受験ができないようになっています。

2級、3級の試験はマークシートで行われ、1級のみマークシートと記述式の2種類の試験が行われます。

福祉住環境コーディネーターの試験は独学で受験される方が多く、予備校やスクールに通わなくても真面目に勉強していれば簡単に取得できる資格です。

出題内容は、高齢者ケアやユニバーサルデザインに関しての問題や住宅、施設の機能など、公式テキストから幅広く問題が出されます。

福祉住環境コーディネーターの資格・試験の難易度

学生の受験も多く、2級までは合格率高め

福祉住環境コーディネーター検定は1級~3級まであり、3級は学生の受験も多くチャレンジしやすい資格です。

3級の出題内容は主に高齢者の自立やバリアフリー、住環境の整備の基本について出され、初めて受ける方でも学びやすい試験内容になっています。

合格率は約50%で、真面目に試験勉強をしていれば独学で資格を取得できます。

2級になると、疾患別にみた福祉住環境整備や相談業務の進め方など、より専門的な内容にステップアップします。

合格率は約40%で、2級までは独学で取得できる資格といえるでしょう。

1級になると、大規模福祉施設の企画、設計や都市整備を行うような問題が出題されるため、合格率は約6%までぐっと下がります。

福祉住環境コーディネーターの給料・年収

専任する人が少ないため、割り出すのが難しい職種

福祉住環境コーディネーターとして専任で仕事を行う方が少ないため、平均年収を割り出すことはできません。

他の職種に就きながら兼業し、福祉住環境コーディネーター2級の業務のひとつである「住宅改修を必要とする理由書の作成」を請け負った場合、自治体から支払われる報酬は一通につき2,000円と定められています。

利用者やケアマネジャー、作業療法士、建築士などとの打ち合わせや利用者の自宅に伺い見積もりをするなどの手間を考えると、低い印象を受ける報酬額です。

また、実際にリノベーションを行う段になっても、住宅改修に利用できる介護保険制度給付金は限度額が20万円に定められています。

そのため、施主は改修費用を20万円以内に収めることから、福祉住環境コーディネーター単独としては収益が低い職種といえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターのやりがい、楽しさ

生活が変わる瞬間に立ち会える仕事

福祉住環境コーディネーターの仕事の魅力は、自分の提案により利用者の生活が改善されるその瞬間を見られるところです。

住宅改修を行って、今までの生活よりさらに暮らしやすくなって喜ぶ利用者の笑顔にやりがいを感じます。

階段が急で上り下りが大変だった、お風呂場が滑りやすかった、など利用者一人ひとりの悩みに寄り添い期待に応えられたとき、より一層大きい喜びを得られます。

高齢者や障害、持病を持った方が安全に暮らせる社会をつくる大切な仕事です。

福祉住環境コーディネーターのつらいこと、大変なこと

利用者の気持ちが最優先のため、改修できないことも

福祉住環境コーディネーターの大変な点は、どんなに住宅改修が必要でも、利用者の気持ちを最優先にしなければならないところです。

ケアマネジャーや作業療法士などの専門職から見て、手すりや滑り止め、大掛かりな改修が必要な場合でも、利用者が必要ないと言えば介入できなくなります。

利用者が日々の暮らしのなかで大変に感じていること、どこまで改善したいのか気持ちに寄り添って提案することが大切です。

利用者の本当の気持ちを引き出すコミュニケーション力も必要になる職種と言えるでしょう。

福祉住環境コーディネーターに向いている人・適性

幅広い視野とコミュニケーション力が必要

福祉住環境コーディネーターは、利用者の生活の悩みを聞くことはもちろん、ケアマネジャーや作業療法士、建築士などの専門職とも連携をはかります。

そのため、幅広い知識とスムーズに連携するためのコミュニケーション力が必要となります。

多くの職種が関わって住宅改修を行うため、その調整役として重要な役割を担っています。

また、利用者だけの目線にとらわれず、福祉住環境コーディネーター自身も専門職として全体を見渡し、何が必要なのか考える広い視野が必要な仕事といえるでしょう。

福祉住環境コーディネーター志望動機・目指すきっかけ

兼任する仕事内容の理解をしっかりと

福祉住環境コーディネーターの就職先は、介護福祉業界、建築業界、医療機関と多岐に渡ります。

それぞれの業界についてあらかじめ調べておくなど予備知識を身につけておくことが重要です。

また、福祉住環境コーディネーターとして専任することが今はまだ少ないため、他に行う仕事がどんなものなのか、しっかり把握しておきましょう。

書類選考や面接では、まだまだ福祉住環境コーディネーターの認知度は低いですので、なぜ知ったのかの理由も添えて自己PRを行うと、より熱意が伝わりやすいでしょう。

福祉住環境コーディネーターの雇用形態・働き方

他の仕事と兼務する正社員が一般的

福祉住環境コーディネーターとして選任することが現状少ないため、福祉用具専門相談員やリノベーションコンサルタント、営業の正社員として働くことが多いようです。

正社員もしくは契約社員として働く割合が多く、アルバイト、パートの場合は介護職と兼任して行う方、営業アシスタントとして働く方が多いようです。

アルバイト、パートで勤務する場合の時給も、業界、職種で大きくばらつきがあるため、平均時給を割り出すことはできません。

福祉住環境コーディネーターの勤務時間・休日・生活

兼任する職種で休日はさまざま

福祉住環境コーディネーターは、どの業界でどの職種と兼任しているかで休日が変わります。

介護福祉業界や建築業界で福祉用具専門相談員や営業職、営業アシスタントなどと兼任している場合、基本的に土日休みが多いようです。

一方、不動産業界でリノベーションコンサルタント、営業職として勤務する場合、水曜日を含めた平日休みなどが多くなります。

土日休みの企業でも、利用者やその家族の休日に合わせて出勤することもあり、休日出勤がやや多い職種ともいえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの求人・就職状況・需要

兼任としてのニーズは年々増加傾向に

高齢化社会に向け、介護福祉系企業はもちろん、建築、不動産などの業界も高齢者が暮らしやすい住まいづくりに力を入れています。

そのため、福祉住環境コーディネーター専任としての職種はこれからですが、福祉用具専門相談員、リノベーションコンサルタントなど兼任して働ける方のニーズが増加しています。

これからますます高齢者が増え続けていくことから、福祉住環境コーディネーターの資格を持った方がさらに必要になっていくと予想されています。

福祉住環境コーディネーターの転職状況・未経験採用

経験を積めば転職でより有利に

福祉住環境コーディネーター資格は業務独占の資格ではないため、この資格を持っていると転職しやすいというわけではありません。

ただし、資格を活かして兼任する職種でさまざまな経験を積んだ場合、その経験を自己PRとしてアピールし、転職へつなげることができます。

未経験の場合、熱意があれば資格がなくても就職しやすく、就職後に福祉住環境コーディネーターの取得を求められる場合があります。

どの業界、どの企業でも必須の資格ではないですが、資格を活かした経験がとても重要といえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの現状と将来性・今後の見通し

超高齢化社会により少しずつ需要が増加

日本の人口の4人に1人が65歳以上だという超高齢化社会において、福祉や建築の現場における潜在的なニーズは非常に高いと考えられています。

今後さらに高齢化が進むことが予想される中、福祉住環境コーディネーターは認知度アップとともに活躍が期待される職種です。

数年後には福祉住環境の整備を専任に行うコーディネーターもたくさん現れると考えられています。

しかし、福祉住環境コーディネーターの資格自体が比較的新しいため認知度が低く、現時点では福祉住環境コーディネーターの資格のみでは就職に有利だとはいい切れません。

介護福祉業界や建築業界の仕事に就いてから業務を充実させ、収入の増加やキャリアアップに役立てるための資格だといえそうです。

引用文献

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です