病名 一覧 (信頼できるお勧めサイトから引用)あ~え


① 悪性リンパ腫 ~症状症状 治療 検査~
悪性リンパ腫は、リンパ球ががん化する血液のがんで、多くのタイプがあります。くびや足の付け根などにあるリンパ節のしこりで気づくことが多く、発熱、体重減少などかぜのような症状が出ることがあります。

引用文献
NHKホームページ 国立がん研究センターがん情報サービス

② アトピー性皮膚炎 ~治る 薬 大人 顔 症状~
アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が顔や体に繰り返しできる病気です。アトピー性皮膚炎の発症には、皮膚バリアの機能低下が関係しています。アトピー性皮膚炎を予防するには、生後すぐの時期から保湿剤を毎日全身に塗るとよいことが明らかになっています。

引用文献
NHKホームページ maruhoホームページ

③ アルツハイマー病 ~原因 治療 予防 症状~
認知症の原因の7割を占めるのがアルツハイマー病です。アルツハイマー病は脳の中に特殊なたんぱく質がたまり、脳の神経細胞が壊される病気で、徐々に認知機能が障害されてしまいます。

引用文献
NHKホームページ 認知症フォーラムドットコム

④ アレルギー性鼻炎 ~薬 症状 手術~
アレルギー性鼻炎は、アレルギーの原因物質によって鼻の粘膜が刺激され、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起きる病気です。1年中起こる場合は室内のほこりであるハウスダストやダニなどが原因で、特定の季節に起こる場合はスギ花粉症のように植物の花粉などが原因です。

引用文献
NHKホームページ 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会

⑤ 胃がん ~症状 診断 原因 検査 ステージ~
胃がんは主にピロリ菌の感染が原因でおこります。特に50代から急増するため、ピロリ菌検査を受けて、感染している場合はピロリ菌を除菌する治療を受けることが胃がん予防のために大切です。

引用文献
NHKホームページ 国立がん研究センターがん情報サービス

⑥ 胃食道逆流症 ~原因 食事 治療 薬 症状~
胃食道逆流症とは、胃の中のものが食道に逆流して、食後の胸焼けなどの症状を起こす病気です。胃とちがって食道には粘膜がないため、逆流してきた胃酸にさらされ続けると食道が傷つきます。食べてからすぐに寝たり、前かがみ姿勢や猫背を続けると、逆流が起こりやすくなると言われています。

引用文献
NHKホームページ 日本消化器病学会ガイドライン

⑦ 依存症 ~治療 種類 予防~
依存症にはアルコール依存やネット依存など様々なタイプがあります。依存症になると、体やこころといった健康面や、家族や社会といった人間関係に問題が起こります。こころの問題ではイライラしたり、無気力になったり、うつ状態などの問題が生じることがあります。

引用文献
NHKホームページ 厚生労働省ホームページ

⑧ 遺伝性不整脈 ~症状 検査 ガイドライン~
遺伝性不整脈は若い人や中年の突然死につながる恐れのある不整脈です。特定の遺伝子に変異があり、心筋の電気的な興奮に異常が起こります。

引用文献
NHKホームページ 国立研究開発法人国立循環器病研究センター

⑨咽頭がん ~原因 症状 治療 痛み 検査~
咽頭がんは頭頸部(とうけいぶ)にできるがんの一つです。咽頭は食べ物の通り道に当たるため、がんの切除によって食べ物がうまく飲み込めなくなる恐れもあります。

引用文献
NHKホームページ 公益財団法人 がん研究会有明病院

⑩ インフルエンザ ~症状 予防 潜伏期間~
典型的なインフルエンザでは、38度以上の発熱、鼻水、のどの痛み、せき、関節痛などが起こり、高齢者や乳幼児などがかかると、肺炎やインフルエンザ脳症などを起こすことがあります。抗インフルエンザ薬を早期に使うと発熱する日数を1日減らしたり重症化を防ぐ効果があります。

引用文献
NHKホームページ NIID 国立感染症研究所

⑪ ウイルス性肝炎 ~検査 治療 症状 種類 ワクチン~
毎年、肝臓がんで亡くなる人の8割以上がC型肝炎・B型肝炎などのウイルス性肝炎によるものといわれています。自覚症状が出にくく、肝硬変・肝臓がんへと進行することがあります。しかし最近では、薬の進歩により、特にC型肝炎は治る病気になってきました。

引用文献
NHKホームページ NIID 国立感染症研究所

⑫ うつ病 ~頭 脳 診断 薬 仕事~
うつ病は、心がうつ状態になるだけでなく、食欲低下や疲労感など体にも症状が現れます。サインを見逃さず、早めに受診することが大切です。また症状の程度によって治療法が異なるため、適切な診断を受けることがとても重要です。

引用文献
NHKホームページ 厚生労働省ホームページ

⑬ ALS(筋萎縮性側索硬化症)~症状 原因 筋萎縮 筋電図~
ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、全身の筋肉がやせて力がなくなっていく病気で、難病に指定されています。発症すると進行を止めることはできませんが、いち早く症状に気づいて正しく診断し、少しでも早く適切な治療を行うことで、生活の質を保ちながら長く生きることができるようになっています。

引用文献
NHKホームページ 難病情報センター

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です