熱中症の種類 日ごろから熱中症にならないための備え

「熱中症」とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、次のように分類されています。

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こります。

特徴

  • めまい
  • 一時的な失神
  • 顔面蒼白
  • 脈は速くて弱くなる

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴

  • 筋肉痛
  • 手足がつる
  • 筋肉がけいれんする

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴

  • 全身倦怠感
  • 悪心・嘔吐
  • 頭痛
  • 集中力や判断力の低下

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴


熱中症対策グッズ

 

愛犬にも熱中症対策

他、熱中症対策グッズは、こちら→


 

→ 熱中症予防と対策 オススメの経口補水液(水分補給)など

→ 熱中症とは?起こりやすい場所。熱中症に陥りやすい人など

→ 熱中症が疑われる時の応急処置

→ 熱中症にならないために WBGT(暑さ指数)および気温に注意

引用文献

Copyright © Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です