最新認知症予防マニュアルーメディアで言われていることは間違いだらけ!?

あなたはどうすれば認知症にならなくて済むのか、ご存知でしょうか?

ほとんどの人は、どうしたら認知症にならなくて済むのかなどと、真剣に考えたことはないと思います。

これを読んでいるあなたが、医療・介護関係者であったとしても、おそらく真剣に考えたことはないのではないかと思います。

せいぜい考えたとしても、とりあえず歩いた方が良さそうだなーとか、この食べ物が認知症に良いのか、というような漠
然としたものくらいだと思います。

近年認知症患者数は急激に増えており、2025年には700万人を突破すると言われています。

軽度認知障害(認知症予備軍)の方を含めると1000万人以上になる可能性もあると予測されており、深刻な問題になってきております。

そのような経緯もあって、テレビ等のメディアでは連日、認知症関連の話題が取り上げられるようになってきました。

しかし、テレビ等を拝見していると、認知症の専門家である私からするとあり得ないような予防法も取り上げられており、このままでは混乱を招く一方で、認知症で苦しむ人の数は減ってはいきません。

当協会のミッションは、認知症で苦しむ人を”0”にすることです。

このミッションを果たすためには、より多くの方々に、認知症に対する正しい知識をつけてもらう必要があります。

何が正しくて、何が間違っているのか?

このレポートを読み終えた頃、あなたはその答えがはっきりすることでしょう。

さぁ、準備はよろしいですか?

引用文献

日本認知症リハビリテーション協会
代表 岡本 一馬


→ 次へ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です