最新認知症予防マニュアルー【著者紹介】 岡本一馬 先生

【著者紹介】

岡本 一馬 Okamoto Kazuma
1989年10月23日生まれ / 京都府宇治市出身
理学療法士(国家資格) / 認知症ケア指導管理士 /
アロマアドバイザー/ 整体師
株式会社 LAPRE 代表取締役社長 /
日本認知症リハビリテーション協会 代表 /
認知症専門施設LAPRE 代表/

2年間理学療法士として急性期病院で勤務したが、将来を見据えて考えた時、「このままではやりたい医療が出来ない」と一度医療現場を離れる。

その後、自分自身の能力アップのため美容・健康食品関係の仕事に力を注ぐ。その仕事では月商1000万円以上を叩き出す営業マンとなり大きな成果を上げる。

病院を離れ丁度1年が経過したころ、パーキンソン病(レビー小体型認知症)の父の幻覚症状が悪化。「小さい禿げた小太りのおっさん」が夜中に見える幻覚症状が毎晩のように出現し、眠れない日々を過ごす。このままでは家族が崩壊してしまう、、、。と、認知症と名前が付くセミナーや教材などを徹底的に勉強する。

そうして試行錯誤していくうちに、徐々に症状が改善。自身の経験から、「こんな風に困っている人たちは山ほどいるはずだ」と、認知症専門LAPREを設立。これまでに512名以上(2018年9月)の認知症症状の改善に成功している。
自分自身の店舗で患者様が劇的に改善される姿をみて、このノウハウを待っている人は全国にたくさんいることを確信し、日本認知症リハビリテーション協会を設立。

たった1年で全国4支部(関東、東海、関西、九州)を作り上げ、毎月100名以上の受講生がセミナーへ足を運んでいる。

また、認知症改善の学習を進めていく中で、「食」に強い関心を持ち、2018年10月から飲食店と農業をスタート。

”認知症で苦しむ人を0にする”というミッションを掲げ、勢力的に活動している。

引用文献
最新認知症予防・改善マニュアル
日本認知症リハビリテーション協会
代表 岡本 一馬


→ 戻る

→ 次へ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です