医事コンピュータ技能検定(受験・資格)

医事コンピュータ技能検定試験 とは

 平成8年度にスタートし、年間6,000名以上が受験する、全国唯一の検定試験です。医療機関のIT化が進み、各部門でコンピュータが活用され、コンピュータがなければ、現在の医療活動はなりたちません。もちろん医療事務部門でもコンピュータは大活躍です。診療報酬請求事務(レセプト)のコンピュータ化は、全医療機関に普及し、レセプトのオンライン請求が進められています。したがって、 そこに従事する者にとってコンピュータ技能は必須の技能といえます。本検定は現在準1級・2・3級が実施されており、2級以上に合格することにより、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満すことになります。ここでは医事コンピュータによるレセプト作成能力と医療事務、コンピュータの知識が問われています。一般も受験可能ですが、受験会場のソフトに対応することが必要です。

「医事コンピュータ検定試験 フリー」の画像検索結果

2019年度 試験日時

  • 第47回3級 2019年6月15日(土)
    準1級・2級 2019年6月16日(日)
    願書受付:4月15日~5月15日
  • 第48回3級 2019年11月16日(土)
    準1級・2級 2019年11月17日(日)
    願書受付:9月16日~10月16日

※ 試験開始時間は、各会場へ電話でお問い合わせください。

出題内容

  • 領域Ⅰ 医療事務
  • 領域Ⅱ コンピューター関連知識
  • 領域Ⅲ 実技(オペレーション)

審査基準

●合格基準(全級共通)
配点は、領域I60点、領域II60点、領域III60点で180点満点とする。
領域I、II、III、ともに60%以上正解のとき合格となります。

 

引用文献

一般社団法人 医療秘書教育全国協議会 ホームページ

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です