ケフィアどぶろくーどぶろくを使った飲み物で美と健康を!

ケフィアどぶろく
ヨーグルトメーカーで放置するだけの低アルコールな清涼飲料
材料 (2人分)
牛乳:1リットル
ケフィア:適量
砂糖(多いほうが酒っぽくなります):200-400g

1

写真

市販のケフィアたね菌と砂糖を、牛乳に入れ、よくかき混ぜてから、ヨーグルトメーカーにセットします。温度は20度くらい

2

ほとんどのヨーグルトメーカーは、8時間でタイマー切れるのですが、ケフィアは最低48時間温めないと、発酵しません

3

電源落ちてるの気づいたら電源入れなおす、を、最低二日間は続けましょう。ここ適当でもいいです

4

写真

48時間温めると、牛乳パック表面がパンパンに膨らんでるので、いったんガスを抜いて、菜箸でかくはんします

5

写真

そのままさらに常温で最低48時間放置し、発酵を進める

6

写真

冷蔵庫に移し、さらに最低24時間冷やす

7

最初にたね菌セットしてから、5日間経過、つまり6日目に完成します。菜箸でよく混ぜてから、コップに注ぎましょう

8

発泡性ヨーグルト味の、ほのかにアルコールが香る、素敵ドリンクの完成です

コツ・ポイント

ヨーグルト種菌の中で、唯一ケフィアだけが、酵母菌を含みます。酵母は糖分を媒介に炭酸ガスを発生させる際に、副産物としてアルコールを生成します。化学実験みたいな料理です。つっても、度数は体感1%以下なので、密造酒にはならないと思います

このレシピの生い立ち

ヨーグルトメーカーで、なんとか酒っぽいのが造れないかと、試行錯誤した結果のひとつです
引用文献
【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です