どぶろくの作り方③(美と健康を)

001_R_20160225232441213.jpg

まずは、アルコールができるメカニズム? から。

米麹は、デンプンを糖分に変える事ができる。

イースト、もしくは酵母は、糖分を二酸化炭素とアルコールに変えることができる。

最悪、糖分がタプゥリ入ったジュースに酵母を入れれば酒ができる。

ドブロクは

米麹がコメのデンプンを糖分に変えた物 に、酵母がそれを二酸化炭素とアルコールに変えて出来上がる 醸造酒 である。

酒の種類  醸造酒( ドブロク、ワイン、ビール)  蒸留酒( ウィスキー、焼酎、ブランデー )  混成酒( 梅酒、カクテル)

蒸留酒とは醸造酒に近いものを蒸留して作る酒で、醸造酒の不純物を取り除くのと、余計な水分を取り除くことでアルコールの純度を上げた酒のことである。

ワインは最も簡単に出来得る酒で、ぶどうの皮には初めから酵母が付着しており、ぶどうの房を樽にギュウギュウに詰め込み、作るのだそうだ。

ぶどうには初めから糖分があるために、ドブロクのようにデンプンを糖分に変える という一手間が無い。

試しにブルーベリージャムと綺麗な水を適当に混ぜ合わせ、酵母をこれまたテキトーに入れて一週間放置したところ、誠にいい味のワインが出来てしまった・・・。

002_R_20160225232442559.jpg

ドブロク制作に必要な物は・・・・米3合  綺麗な水1リットル  米麹200グラム  ドライイーストの小さい箱を一箱

2リッターくらいの炭酸用ペットボトル、もしくは類似した容器   細かい目の洗濯用ネット  大きさがやや違う鍋を2つ  タッパーか、それに相当する入れ物  お玉  しゃもじ 計量カップ

003_R_2016022523244343d.jpg

まず、普通に米3合を水で研ぐ。三回位水を変えればよし。  それに対して2合分の水を入れて炊く。

やや、ぼそっとした飯が炊き上がる筈である。  なお、お猪口一杯分の酒を入れると芯まで炊きあがるというが、なければ別に良い。

炊きあがったら少し冷ます。

004_R_20160225232445108.jpg

タッパーに広げる。梅酒を浸けておくようなあのビンでも良い。

005_R_20160225232446689.jpg

米麹を適当に砕いて撒く。 テキトーで良い。

007_R_201602252325571f2.jpg

ミネラルウォーターか、綺麗に煮沸して覚ました水を800~900cc入れる。

006_R_20160225232556240.jpg

コレに酵母を小さじ2杯足して

008_R_201602252325581bd.jpg

水を900cc程入れると、このようになる。

009_R_201602252325599b0.jpg

フタをしっかり閉めてから、一箇所の角を隙間ができるようにし、どこかに安置する。

完全密閉すると爆発する。

010_R_201602252326013c2.jpg

一日目。 まだ米麹と米の区別ができる。 熱湯消毒したオタマで静かにかき混ぜる。

011_R_20160225232609d58.jpg

二日目・なんとなく一体化?してきたような・・・。熱湯消毒したオタマで静かにかき混ぜる。

012_R_20160225232611991.jpg

三日目。完全にアレな感じに・・・。熱湯消毒したオタマで静かにかき混ぜる。

ツンとした、アルコールの匂いが出始める。  アルコールの度数を上げるなら、砂糖を大さじ5杯とか入れてみよう。

013_R_20160225232612727.jpg

4日目。これがドブロク。

014_R_20160225232615600.jpg

5日目。ドブロクは3日もあればできるが、何かと忙しく、伸び伸びになってしまった。

015_R_20160225232616fcd.jpg

コレを・・・

016_R_20160225232622565.jpg

このネットに入れて手で絞る!!

017_R_20160225232624111.jpg

うむ!

018_R_20160225232625bfb.jpg

中のモロミを転がすように回す。 段々水っ気が無くなってきたら手でバカ力を出して絞る。

019_R_201602252326276ac.jpg

コレが酒粕。 甘酒のモトになる。

020_R_201602252326284b2.jpg

コレがドブロク。まだ、発酵している。

021_R_20160225232643c02.jpg

酒粕はタッパーにでも入れて冷蔵庫へ。

022_R.jpg

さて、絞ったドブロクは鍋にいれて   火入れ    というものをやる。 火入れとは、65℃の中で10分間湯煎をし、発酵を止めること。

023_R.jpg

終わったら冷やす。

024_R.jpg

ペットボトルに移し替え、更に冷やす。

025_R.jpg

この乳白色のが  ドブロク。  大体1リッター位収穫がある。

出来上がりの量の増減は、初めに入れた水の量と、発酵させた時間( 日数 )と密接な関係があると思われる。

米三合に対して水を二合分で作るのならば、水は800CCにするとアルコールがキツ目のドブロクができるのでは、と思ってみる。

簡単にアルコールの度数を上げるには先に書いた通り  砂糖をドバドバ入れればよいのだが・・・。

上のレシピを変更して米麹と酵母の量を二倍にして、米と水の量をそのままでやるのはどうだろうか?

水を酒に変えて入れてみるのもやってみたい。

引用文献

夜明け前の明日

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です