あん摩マッサージ指圧師(資格・試験)

[国家資格] あん摩マッサージ指圧師

手技の施術で国民の健康に貢献する

「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(昭和22年法律217号)に基づく資格であり、医療系の国家資格の一つ。厚生労働省には資格者名簿として「あん摩マッサージ指圧師名簿」が備えられており、これは医師でいうところの「医籍」に相当します。現在はその登録事務を財団法人東洋療法研修試験財団が行っています。

業としての内容は、あん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術を行うことであると、定義されています。


資格を取得するとできること

資格を取得すると以下のような業務が可能となります。

  • 手技による施術行為(禁忌疾患を除く)
  • 施術所(治療院)の開業
  • 出張(訪問)施術
  • 施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職 など

※あん摩マッサージ指圧師は国家資格の「業務独占資格」です。
※資格を取得せず、あん摩・マッサージ・指圧などの手技を行うことは禁止されています。
※禁忌症、骨折、脱臼を除いて、医師の指示なしに施術が可能です。

あん摩マッサージ指圧師の就職先・活躍できる場所は?

主な就職先はあんまマッサージ指圧治療院や鍼灸治療院、リラクゼーションサロン、病院の整形外科やリハビリテーション科など。そのほか、最近では高齢者福祉施設や老人保健施設など高齢者福祉分野でのニーズも高まっている。また、あん摩マッサージ指圧師の専門性を生かしてスポーツトレーナーとして活躍する例も。独立開業も可能な職種。はり師・きゅう師の資格も取得して、治療の幅を広げて働くあん摩マッサージ指圧師もいる。

資格を取得するには

取得するには養成校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。
本校の入学から取得までの流れは以下の通りです。

※上記は一般的な流れです。
※現在、免許は取得すれば更新などの必要はありません。


国家試験の概要

国家試験は年1回実施され、以下のような試験科目があります。
本校では、これらの試験科目を3年間でしっかり学べ、スムーズに試験に臨めるようになっています。

医療概論(医学史を除く)  衛生学・公衆衛生学  関係法規  解剖学  生理学
病理学概論  臨床医学総論  臨床医学各論  リハビリテーション医学
東洋医学概論・経絡経穴概論  あん摩マッサージ指圧理論および東洋医学臨床論

あん摩マッサージ指圧師国家試験:厚生労働省

引用文献

 
【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です