トラブルに巻き込まれないために!婚活での出会い

あなたがなにげなく持っている「常識」は、理論的に説明がつかない状態でも、あなたに警告を発してくれることがあります。
この感覚は、相手に疑わしい面を発見する手がかりや、ささいな不審な行動を見つける際に役立つものです。

例えば、相手のお金の使い方です。
相手がひんぱんにあなたからお金を借りるとすれば、常識で考えて、何かが間違っています。これは大きな危険信号です。このような人とは、幸せな結婚生活は望めないでしょう。
相手がお金を借りる必要があるなら、経済的に安定した状況にないということです。
原因はいろいろ考えられますが、状況に関わらず、相手には解決しなければならない個人的な問題があるわけですから、おつきあいを続けるべきではありません。相手の経済的事情まで抱えこむようなおつきあいは、避けましょう。

お金を借りる以外にも、クレジットカードを貸して欲しいと言う場合も要注意です。
あなたのカードは、あなただけが使うものです。相手がカードと暗証番号を求めるということは、あなたの個人の領域まで侵入しようとしているということです。個人情報を渡す危険性を理解した上で、相手にカードや暗証番号を渡すことは絶対に避けましょう。相手があなたのプライバシーをコソコソかぎ回るような行動に出ていることを感じたら、危機感を強め、すぐに相手に説明を求めてください。

このような行動を取っている時は、相手は見つかりたくないと思うものです。ですからその場を押さえられても、あなたをだまそうと、抜け目なくまことしやかな説明をするかも知れません。
あなたにウソをついてだました上に、コソコソかぎ回るということは、あなたのプライバシーを尊重できない人物である証拠です。明らかに人として未成熟であり、信頼できない人だということです。
あなたの個人情報を何に使うかわかりません。そこには想像を超えた大きなリスクがありますから、厳重な注意が必要です。

相手が何かを真剣に悩んでいる様子の時に、あなたがどうしたのと尋ねても「大丈夫」と答える場合は、要注意です。
相手には何かあなたに話すことができない秘密を隠しているのかも知れません。こういう時は、自分の本能の声に従って、相手とのおつきあいについてよく考えてみましょう。

相手に対して、何らかの疑念を感じたら、ないがしろにしないでください。
トラブルを示す「危険信号」に、常に目を光らせてください。
相手に疑いを持ちながらも早い段階で行動を起こさなかったために、取り返しのつかない結果を招く可能性があることを、忘れないでください。



インターネットでの出会いに多くの危険がある

おつきあいを通じて、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。
特にインターネットを通じて出会い、おつきあいに発展した場合には、多くの危険性が潜んでいることを知っておく必要があります。
現在裁判中ですが、女性が結婚詐欺的な行動を取り、周囲の複数の男性が不審な死をとげたという事件がありました。相手を良く知らない段階で、不用意に深い関係になると、時には命に関わるような重大なトラブルに巻き込まれる恐れがありますので、十分に警戒してください。

ではおつきあいでトラブルに巻き込まれないために、具体的にどのようなケースが警戒が必要なのか、例を出してご説明しましょう。
例えば、電話番号や住まいがひんぱんに変わったり、連絡が突然取れなくなったりする相手とのおつきあいは、注意が必要です。相手が遠くに行かなければならない場合は、当然あなたに知らせるべきでしょう。さらに住まいが定まっていない人は要注意です。
相手に犯罪歴があったり、詐欺行為を働いたりといったことに気づいた場合には、おつきあいは即刻中止すべきです。同様の犯罪を画策して、あなたに近づいたのかも知れません。

このように、相手を信頼することができない事柄が少しでも明らかになった場合は、おつきあいを止めた方が懸命です。結婚を前提としたおつきあいをしたいと考えているあなたにとって、相手がもし信頼できない人物であれば、今後、人生に関わる問題について全てをその人に打ち明けることはできないはずです。信頼なしには、絆も人間関係も築くことができません。

次に注意が必要なのは、別れ方です。
おつきあいが表面的には順調に進んでいても、もうおつきあいを止めたいと思うこともあるでしょう。そう感じ始めたら、相手に気持ちを伝え、きちんとした形で、おつきあいを終わらせなくてはいけません。

相手があなたともっと親密になりたいと思っているにも関わらず、このような状況になったら、できるだけ早く、率直に自分の気持ちを伝えましょう。さもなければ、相手に誤解を与え、大きな失望感を味合わせてしまいます。
誠実に、相手と向き合って話をすることが大切です。別れ方を間違えると、相手に恨まれ、後から思いもよらないトラブルに巻き込まれることがあります。
相手と数回デートして、あなたがもっと会いたいと思っていても、何らかの事情でデートを先送りされるようなら、あなたは恐らく精神的に追いつめられていくでしょう。

このような時には、焦ってはいけません。もしかしたら相手は少し時間をかけてあなたとおつきあいを続けるかどうか考えたいと思っているのかも知れませんし、何かの事情であなたに会うことができないのかも知れません。少し時間を置いてみましょう。

おつきあいがスムーズに進まなかったとしても、相手を好きだから会いたいという気持ちを持っているなら、忍耐強くがんばってください。粘り強くがんばってあきらめなければ、相手にも、あなたが強い意志と性格を持った人だと伝わるでしょう。おつきあいするに値する、すばらしい人だと思われるに違いありません。

ただ、相手に「しつこい」と思われないようなバランスが大切です。人によっては「追われるより追うのが好き」というケースもあります。しっかりと空気を読んで、冷静に対応しましょう。
おつきあいが順調に続いていても、思うようにデートができなくなる時もあります。

人の生活は、仕事を中心に動いています。二人には、すべき仕事やストレスがたくさんあり、うまくいかなくて悩む日もあるでしょう。どちらかが仕事で疲れていれば、デートの約束をしたり、外出したりする気分になれないこともあります。

このような時は、相手の状況をできるだけ理解する必要があります。二人は、仕事の内容や仕事量も、そして抱えるストレスも違います。1日の終わりの疲労度も異なるのです。
そういった相手の状況に配慮せず、一方的に会えないことを嘆いたり怒ったりしてはいけません。相手も、あなたに会いたいのに会えないストレスを抱えているかも知れないのです。

状況が落ち着くまで、じっくり待って、あなたはあなたのために時間を有効に使うように心がけましょう。そして、久しぶりにデートできた時に、会えない間にどんなことをしたのか、話をしましょう。相手に、あなたが前向きに時間を過ごしていたことが伝われば、あなたが自立した人間であることを分かってもらえますし、相手も気持ちが楽になるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ