男女関係を深め、楽しい付き合いをするために!コミュニケーションツールの上手な使い方

今はいろいろ便利な道具を使える時代です。しかし、物があり過ぎるとかえって困ることがあります。コミュニケーションを取る手段も多用になり、どの方法を選んだら良いのか、あるいは、いつ連絡を取れば良いのか悩んでしまいます。

上手く人とつきあうためには、コミュニケーションが重要です。例えば、あなたがデートの算段をする場合は、どの通信手段を使うか賢い選択をしなければなりません。おつきあいを維持するには、適材適所のコミュニケーション方法が必要になるのです。

相手にできるだけ迷惑をかけない方法を選ぶことを考えると、パソコンや携帯へのメールが適切な方法です。しかし、メールだけでコミュニケーションを取るというのも、恋愛関係にある男女の連絡方法としては味気ないですね。
状況によってはメールで済ませたくない、電話で話したい場合も、当然ありますよね。動画が送れるタイプの電話も良い方法ですね。

そこで、重要なのはコミュニケーション方法です。
自分や相手の都合に合わせて、通信手段を決めましょう。メールを受信できる携帯端末なら、いつでも気軽に送受信できます。いつでも受信して都合の良い時に読めるため、時間的制約がある場合でもうまくいきます。例えば、旅行中など遠距離にいる場合でも、メールなら効率良く連絡を取り合うことができます。離れていても、相手にあなたの様子を手軽に知らせることができます。

しかし、メールではうまくいかない場合もあります。大切な内容を一方的にメールを送信して相手を怒らせ、別れる原因となることもあります。
二人とも言い分がある場合は、恐らくメールでは解決できないでしょう。

このような状況でメールを使用すると、冷たく人間味に欠けるように思われ、根本的な問題解決を避けているといった印象を与えるようです。できれば、直接会って話すか、会えなければ電話で話すのが良いでしょう。
二人にとって重要な問題については、直接話すのが一番です。もちろん、大切なことをすぐに話したいときは、電話が最適です。
メールは、できるだけ相手を楽しい気持ちにさせるメッセージを送りましょう。

相手と話したくないからと言って、別れを切り出すなど深刻な話をメールで済ましてはいけません。
そんなことをすれば、あなたの評判は地に落ちます。

技術の発展によって、おつきあいを楽しくするコミュニケーション方法が多用になりましたが、あくまでも相手を思いやった方法や内容を心がけることが大切です。



最近、彼氏(彼女)が冷たい!これって別れのサイン?

デートの回数や場所、何をするかといったことについて、ひんぱんに意見が食い違うようになったら、この恋は破局に近づいています。手の施しようがなくなる前に、その前兆を読み取ることができれば、もしかしたら関係は修復できるかも知れませんよね?

もし、二人が言い争ってばかりいるころに気づいたら、どのような経緯で意見が合わなくなったか検証してみましょう。性格が合わないとか、お互いに譲り合わない性格だとか、お互いが相手を管理しようとしていたとか、さまざまな理由が考えられるでしょう。

破局ムードが漂って来たなら、ここまでのいきさつを認め、問題は何かを考え、妥協方法を探しましょう。
原因が何であれ、それを特定できなければ、また言い争いを続けることになります。このような状況は好ましくありません。感情的になればネガティブな気持ちになり、お互いを思いやることができなくなります。

電話やメールがこなくなったら、相手があなたに関心を失った証拠です。
また、わざとあなたの都合の悪いときに電話してきたり、メッセージを残してくれなかったりすることも考えられます。こういった行動は、相手があなたを避けているサインです。相手はあなたを困らせたり怒らせたりすることで、あなたのほうからつきあいをやめたいと言って欲しいと考えているのです。あなたが怒って、別れを切り出すことを期待しているのです。あなたに責任を押しつけて、別れようと思っているのでしょう。

デートのときに、あまり関心のない素振りをされたら、これも避けられているサインです。
しょっちゅうデートをキャンセルしたり、先延ばししたりするようなこともあるでしょう。つまり、あなたと一緒にいたくないということでしょう。
相手があなたと過ごしたくないのなら、相手をデートに誘っても意味はありません。このままおつきあいを続けても、無意味なだけです。

ある程度デートを重ねたのに、友人や家族に紹介してもらえない場合も、相手がつきあいを真剣に考えていない証拠と言えます。おつきあいが進んだら、ある段階で友人や家族に紹介するものです。

しかし、友人数人に会って、家族の集まりに招待されたとしても、まだ安心してはいけません。周囲の人の反応で、破局する危険度を読み取ることができます。あなたに対して、言葉を選んでいる雰囲気がありますか? 
包み隠さず会話をしていますか? よそよそしさはありませんか?

相手がもう別れるかもしれないと友人や家族に伝えている場合は、周囲の人はあなたによそよそしくなります。これまでは一緒に楽しい時間を過ごすことができたのに、なんだかいつもと雰囲気が違うと感じたら、破局が近づいているかも知れません。要注意です。

そのサインに気づいたら、そのことを相手に率直に尋ねてみましょう。そうすれば、本当の気持ちを聞くことができます。別離につながるような聞きたくない事実であったとしても、きちんと話をしましょう。


付き合い続けるかそれとも別れるべきか

相手に関心がもてなくなっても、まだなんとなく関係が続いている場合の対処方法も、難しいものです。このようなどっちつかずの状態になると、イライラします。
デートはしているものの、結婚へは進展せず、相手との絆も深まることがありません。

このようなマンネリの状況でおつきあいを続けても、お互いに相手に対する深い思いはありません。そして、誰か他に相手がいるのではないかという疑いの気持ちすら芽生えてきます。つきあいを続けていながら、相手に対して何か疑念を抱いているのなら、関係が行き詰まった証拠です。二人で率直に話し合ってみれば、改善できるかもしれません。

なかなか会えないのに、その理由を説明してくれない状態なら、これも危険信号です。相手が理由を話したくないなら、あなたはもはや特別な存在ではないということです。あなたに興味や敬意を失って、つきあいを続けたくないと思っているのでしょう。敬意を欠いたつきあいなら、続けてようともがいても意味がありません。

理由がわからず会えない状態が続くのであれば、このままつきあいを続けていくべきかを考えなければならないでしょう。

まずは、相手のもとに行き、相手が二人のおつきあいについてどう考えているのかを見極めましょう。例えば、思いがけないサプライズギフトやカードを送ったり、並んで歩いているときに急に手を握ったり抱きしめたりといった積極的な行動に出れば、その時の相手の反応によって、相手がどう考えているかが簡単にわかります。

相手の反応が好意的なら、まだあなたに関心を持っています。しかし、冷たく反応された場合は、関係は終わりに近づいているでしょう。嫌われているか、避けられています。相手は、今以上のつきあいはしたくないと思っているのです。

デート中に相手があなたから身体をそむけるような姿勢を取る場合も、悪いサインです。あなたに対して、心を開いていない証拠です。
お互いの家に行くとか、週末にどこかで泊まりで一緒に過ごすなどといった提案を相手が避ける場合は、明らかにおつきあいを終わらせたいということでしょう。

隠し事をするようになった場合も同じです。例えば、誰かから電話がかかってきたら、あなたに聴かれないよう席をはずしたり、すぐに通話を打ち切ったりするものです。
このような態度が見られたら、この先、つきあいをどうするかはっきりさせましょう。

もしあなたが、一緒に外出したり軽いおつきあいをしたりする程度で満足なら、行き詰まっているとは感じないでしょう。しかし、将来結婚したいと思う相手となら、恋が進展しない場合には、何らかの行動を起こす必要があります。なぜなら時間のムダになってしまうからです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ