家族の笑顔を見たい!笑顔を10倍以上増やす方法

 ラブラブだった頃を思い返すと、あなた達の笑顔は、今半分以下になっていませんか?では、なぜ笑顔が減ってしまったのでしょう。

「会話が減った」「話が合わない」「話をしててもつまらない」
こんな事を言う夫婦がと~っても多いです。
私も以前は、それが理由だと思っていました。
しかしそれは、自分の勝手な思い込みに過ぎませんでした。
会話が減った、話が合わない、話していてもつまらない。
そんなものは本当の理由ではありません。・・・じゃあ何でしょう?

あなたに笑顔が減ったから、相手にも笑顔が減った!

これが笑顔が減っていく、本当の理由です!!
この悪循環が1番の原因になっているんです。
どういう事かというと・・・次の質問の答えを考えれば、すぐ解ります。

□ 昨日あなたは、何時間ニコニコしていましたか?
□ あなたはニコニコしている人と無表情な人、どちらに話しかけますか?

つまり、笑顔がないと話さなくなる。(話しかけられなくなる)
話さないから、相手も笑顔がなくなる。・・・と言う事です。
話しかけられる確率をあげましょう!それには笑顔(^o^)という事ですね。

欲しいものが手に入る、いい方法があります。
それは、「まず先に与えよ」(←超!重要)

欲しいものがあったら、先にこちらからそれを与えましょう。
そうすれば、回りまわってあなたがそれを受け取れます。
ウソ臭いですね~(笑)しかし、真実だと私は思います。考えてみてください。

痛みが欲しかったら、誰かを攻撃してみましょう。
反撃に痛みがもらえるはずです。
笑顔が欲しかったら、こちらから微笑みましょう。
結果は・・・・お解かりですね?

付き合って間もない頃、彼氏(彼女)と顔を合わせた瞬間どうでした?
満面の笑みを浮かべて、駆け寄って行きませんでした?
その時、相手はどんな顔してましたか?
きっと相手も満面の笑みを浮かべていませんでしたか?

それが今では・・・
朝、顔を合わせた瞬間は? 旦那様(奥様)帰宅して顔を合わせた瞬間は?

・・・・・・・無表情。

あなたがそうすれば、相手も同じ事をするようになります。
また、お子さんが居るご家庭なら、お子さんにも悪影響が及びます。
「子供は親を見て育つ」っていいますよね。

じゃあ、どうすればいつも笑顔でいられるのか?
もう、お解かりですね!?
あなたがいつも心地良い笑顔でいれば、自然とまわりも笑顔になりますね!
しかし、作り笑顔ではダメですよ。そんな笑顔見ても、気持ちよくないですよ

ね?逆に「なんなの?」って思われてしまいます。
ということで・・・
今日から鏡の前で笑顔の練習をしましょう!

鏡の前でないと意味がありません。(ホントです)
自分がイメージしていた笑顔とは、まったく違うのに気づきます。
これは私もやってみてビックリしました!
イメージしていた笑顔とは、全く違うのです。
旦那にもやってみるように話したところ、
「俺こんな笑顔だったの?」なんて騒いでいましたよ。
毎日練習してみると、かなり自信の持てる笑顔に変わりました。

ですから、必ず鏡の前で練習して下さい!!
私の家庭に、笑顔が絶えない理由はこれだけです。
こんな簡単な方法で、以前の十倍以上も笑顔が増えのですから、 「実践して本当によかった~!!」の気持ちでいっぱいですよ。
さあ!今日から!練習スタートです!

ここで、子供と笑顔について驚きの内容をお伝えします。
もし、あなたに子供がいるなら気をつけてください。
小学校低学年までは注意しましょう。
入院したり、事故を起こしたりしていませんか?
というのも・・・夫婦関係が不和だと、感性が鋭い子供は、病気をしたり、事故に巻き込まれて、夫婦の絆を取り戻そうとします。
(わざとでは無く、無意識の内に。らしいです)
つまり、入院して夫婦で看病すれば、夫婦の絆も取り戻せる。
という無意識の内の行動らしいです。


病気の場合は「紫斑病」という病名の場合が多いらしいです。
特に、成功者の家庭に多いようです。

この話を聞いた時「そんなわけない」と思いました。
が!知り合いの、お父さんが社長で、夫婦関係がうまくいってない家庭のお子さんが「紫斑病」になりました。
医者は原因不明として入院させたそうです。

それから数ヵ月後、偶然読んでいた本にも「子供が病気や事故になり、入院し夫婦の仲を取り戻そうとする」と書いてありました。

かなり信憑性は高いので、気を付けるようにしましょう。
とにかく、笑顔の家庭を作れば問題ないですね。



 

相手の表情、声を意識しよう

あなたは相手の表情を、常に見ていますか?
お互いの関係に慣れてくると、相手の表情が見えなくなってきます。
テレビを見ながら話をしたり、背を向けたまま話をしたり・・・。
ほとんど相手を見なくなってしまいます。

では、初めて会った人や、会社の上司などの場合はどうですか?
表情を見て、物事を判断しませんか?
緊張しているのかな?なんか機嫌悪いのかな?今は忙しそうかな?
こんな風に思いながら話をしているはずです。
外ではそんな風に出来ても、夫婦だと出来なくなってしまうのですね。

不思議ですね~!?
やはり、これも「慣れ」の成せる業です。
あなたが相手の事に、興味を示さなくなってしまっているのですね。
まずは、「相手に興味を持つ!」から始めましょう。
話す時でも、話さない時でも、常に相手の顔を見るように心がける事です。
相手に興味を持って表情を見ると、今まで見えなかった事が見えてきます。
仕事から帰ってきた旦那様の顔を見て、眠そうな顔をしていたら、 「眠いのかな?」「疲れているのかな?」って気づくことが出来ますね。
そうすると「食器洗って!」なんて簡単に言わなくなるでしょう。

奥様が子供の世話をしている時、眉間にシワがよっていたら?
「何だか怒ってる?」「イライラしてる?」って気づく事が出来ます。
そうすると「おーい、コーヒー入れて」なんて無神経に言わなくなるでしょう。
そんな表情に気づかずに、ものを頼んだりするから、ケンカになってしまうのではないでしょうか?
相手の表情に気を配っていれば、無神経な事を言わずに済みますね。
では「もっと効率よく相手の状況を把握したい!!」という方に、効率よく相手の状況を把握出来る方法をお伝えしますね。
「表情」同様、相手の状態を表すのは・・・「声」ですね!
声って状況を把握するのに、重宝します。
表情だと、相手が無表情の場合、解りづらい事がありますが、 声の場合は、夫婦「だからこそ」分かる方法です。

例えば・・・
・ めんどくさそ~なトーン
・ 楽しいときのトーン
・ イライラしてる時のトーン
こんな風に声には、「トーン」がありますよね。
この「トーン」で判断しましょう!
初めて会った人の声で判断するのは、なかなか難しいですよね?
しかし相手の事をよく知っていれば、なんとなく分かりませんか?
ん?なんか怒ってる?悩んでる?
相手の声を聞いて「ん?」って思った事何度かありますよね。
相手の声の「トーン」をしっかり覚えちゃいましょう!!
そうすれば、顔が見えなくても判断できますね。

顔が見えないところから、相手の状況が把握できたら助かります。
子供の面倒を見ながら把握できたら?テレビを見ながら把握できたら?
料理しながら把握できたら?・・・夫婦ならではの方法ですね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ