ダイエットでは体重よりもサイズが重要

 「もっと急激に体重を落としたい!!」

だめです。
それは健康に悪いです。
サイズを落としてください。

「じゃあ、早くサイズを落としたい!!」
わかりました。
それではここで、より一層、体脂肪を落とす方法をお伝えします。

ただし、次のことは守ってください
しっかり食事は摂ること

これを守らないでダイエットすると、最初の内は急激な体重減少が見られるかもしれませんが、いずれ下げ止まり、そして最終的には太りやすい体になってしまうのです。
これって、怖いことですよね。

それよりなら、できるだけ太らない身体になりながら、できるだけ早く痩せることができれば、最高ですよね!!

そのためには、トレーニングは不可欠です。
ですから、私が教える“ダイエット方法”にプラスしてこのマニュアルにある方法をお試しください。
とりあえず、私が教える“ダイエット方法”の効果を充分発揮するためには、タンパク質の補給は常に意識しておくことが大事です。
たった5分のプログラムなのですが、その5分のうちの1分1秒も無駄にしないためには、コアマッスルを維持することを考えなければいけません。

そのために手っ取り早いのは、身体がエネルギー不足にならないようにし、タンパク質を身体に供給しておくということなのです。

これだけでも、一度に体重減少することはありませんが、確実に太らない体に近づいていきます。
つまり、脂肪を燃焼しやすい身体になってゆくわけです。

これから出てくる方法や説明も、生活習慣内でできる、健康にも害の無いことばかりなので、実践してみても損はないと思います。

健康に痩せることは美しさにも直結します。
どうせなら、太らない体を作りながら、どんどん痩せて美人になっていきましょう!!

なんで体重よりもサイズなの?

確かに、ウエイトコントロールと言うように、体重を落とすことが痩せることだとほとんどのダイエッターが考えていることだと思います。

しかし、体重を落とすだけなら理論的には簡単です。
食べなきゃいいんです。

「それが難しいんじゃないの?」
そうですね。
だからこそ、みなさんは炭水化物・脂肪抜きダイエット、置換えダイエットなどに走るわけなのですが、これって、続きます?
はっきり言って続くとは思えませんね。

炭水化物も脂肪も大切な栄養です。
しっかり摂らずして、健康的なダイエット、美しくなるダイエットはありえません。

そして、ダイエット食品に関しては、そのコスト…
安いのでも半月2000円はしますよね。
一ヶ月で4000円、年間で48000円です。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ…です。
不景気なんて言ってられませんよね。
はっきり言って、置換えになどはあなたの甘えであって、体重を落とすだけなら食べるのを我慢すれば痩せるのです。
当たり前のことじゃないですか…

「でも、食べないで痩せるってどうなの?」
はい、私の意見を言わせてもらえば、効率が悪すぎる方法だと思います。
というよりも、お薦めできません。
これやっちゃうと、太りやすい体になってしまいますからね。

「デブれスパイラル」です。
ダイエット→下げ止まり→リバウンド→ダイエット→下げ止まり→リバウンド…

うわー、見てられないですね。
はっきり言うと、シビアな食事制限ダイエットをして、基礎代謝を悪くする身体を作るくらいなら、他の方法を探したほうが良いのです。

さっき、体重を落とすだけなら簡単と言いましたが、食べる量を少量に減らしただけで、みるみるうちに体重は落ちていきます。
これは、脂肪だけではなく、筋肉も減っていくからです。

筋肉の重さ > 脂肪の重さ なので、体重の減りは、脂肪のそれに比べ大きいわけです。

つまり、筋肉量を減らすごとに基礎代謝が落ちていくのです。
そして身体は、体内全体のエネルギー量が少なる状態が続くと、エネルギーの吸収量が増え、消費エネルギーを減らそうと下手な努力をします。
これは、「飢え死に」を防ぐためには重要な機能なのですが、ダイエットにおいてはとても邪魔な機能になります。
そんなこんなで、食事制限ダイエットを間違っちゃうと、「デブれスパイラル」に陥っちゃうわけですね。
ダイエットをすれば、体重は減ります。
しかし、体重を落とそうとすればするほど、太る体を作っていってしまうのです。

「でも体重を減らさなきゃ痩せたことにならないんじゃない?」
そんなことはありません!!
だれがそんなこと決めたのですか?
あなたは、街でスタイルいい娘を見たとき、なんでスタイルがいいと判断したのですか?
その娘の体重を計ったのでしょうか?
実際計って判断するのなら、私の負けです。
どうにでも言ってください。

しかし、ほとんどの人は、外見、つまり身体の各部分のサイズ、シルエットからそれを判断するのではないでしょうか?
そうなのです。
体重にこだわる必要はないのです。
「体重何キロ?」
って聞かれたら言ってやってください。
「上から85、60、87…」って感じで。
まあ、実際にこれを言う人はいないと思いますが、そういう心構えでいるべきだということです。

で、実際にサイズを減らすということなのですが、実は、これは以外に難しいのです。
骨格、筋肉、脂肪などなど、色々な要素が絡んでくるからです。
ただ、今より確実にサイズを落とす方法は、
脂肪を落とす
身体を引き締める

ということです。

そのような観点からダイエット法に取り組んでいきましょう。
一応、均整の取れたスタイルというものがあります。
均整の取れたスタイルとしては、それぞれ身長の
肩幅 1/4
ウエストの幅 1/8
ヒップの幅 3/8
ふくらはぎの幅 1/8
(両足くっつけたとき)
つま先から肩までの高さ 4/5
つま先から股下までの高さ 1/2
つま先から膝までの高さ 1/4
とあるのですが、つま先から肩まで、つま先から股下まで、つま先から膝までの高さは、ダイエットではどうにもならないので、ここでは深く考えないで下さい。

ただ、細くなることにより、そう見せることはできます。
シルエットが大事なのです。

それでは女性用に、もう少し詳しい、
「ゴールデンプロポーション」
の計算方法をお教えします。
下の表に従って計算してみてください。

各部位の理想的なサイズ

どうですか?
あなたの今の体型は、理想のスタイルにはほど遠いものかもしれません。
しかし、痩せることにより、そのスタイルに近づくことができるのです。
そう、理想のスタイルを手に入れることがダイエットの第一目標となるので、体重にこだわらず、スタイル、つまり全体のシルエットを魅力的なものにするように心がけましょう

サブコンテンツ/dt> id="sub-contents-in">

このページの先頭へ