結婚を前提とした場合の交際期間は?

結婚を前提としたおつきあいでは、1年前後で結婚するケースが一般的です。
ですから、もしおつきあいが1年を迎える頃になったら、相手と結婚するかどうか決断するのに相応しい時期を迎えたと言えるでしょう。

もしあなたが1年という期間について疑問を感じるのであれば、例えばこんな風に考えてみてはいかがでしょうか。
仕事を通じて知り合った人と数か月から1年の間、仕事を離れたところで連絡を取り続けたとします。そうすれば、あなたは相手を友達だと思い、より親密な関係を築くでしょう。
友人関係と、おつきあいをする関係は、状況が非常に似ています。
何か月もかけて相手の性格や好みなどを知り、短いつきあいで終わったどの相手よりも大切な人になるのです。相手のことをより深く知るようになれば、相手ともっとつきあいたいと思うようになります。

おつきあいには、誰かと、より親密な絆を築くという目的があります。長期に渡っておつきあいを続けることで、より近しい絆が築かれます。
1年前後経過した時点で、もうこれ以上おつきあいはしないと決断することもあるでしょう。
長くつきあうことで、相手とより濃密な時間を過ごし、それぞれの性格がわかってくるはずです。この点は重要です。もし長くおつきあいしていても、相手の性格を理解するに至らないなら、相性が良いかどうか疑問です。生涯の伴侶を探すためには、十分に時間をかけて相手を知ることが大切です。

少しつきあっただけでは、将来の伴侶を見つけることはまずできません。
見つかる確率は低いでしょう。
もし見つかったとしても、結婚後に、相手の嫌な部分や性格が見えてくる可能性が高いのです。

それでは、結婚を前提としたおつきあいは、どのようにして進めて行けば良いのでしょうか?
成功する婚活を行うためには、計画が必要です。
ただ、漠然とデートを続けるのではなく、自分の結婚相手として相応しいかどうか見極める必要があるのです。取りあえずは1年をめどとして、おつきあいを続けましょう。

あなたが理想の結婚相手に求める内容と1つ1つ照らし合わせながら、
相手の行動や反応をテストしましょう。打算的に思えるかも知れませんが、客観的かつ冷静に見極めて相手を選ぶことができなければ、結婚生活はいつか破綻するでしょう。
正直に心を開いてお互いのことを深く知り、生涯の伴侶としてふさわしいか判断しましょう。


遠距離恋愛とは?遠距離恋愛のデメリットとその克服方法

「離れていると想いが募る」というのはよく耳にするフレーズですね。
それが本当なら、遠い町に住んでいる人とおつきあいをすれば、最高にうまくいくのではないでしょうか。しかしもちろん、必ずしもそうとは言えません。

遠距離恋愛では、二人の物理的距離という大きな障害を乗り越えなくてはなりません。長くつきあっている場合も、まだおつきあいを始めたばかりでも、その障害の大きさは同じです。

そこで、遠距離恋愛について考えてみましょう。
まず遠距離恋愛について、定義づけするべきでしょうか。しかしここで、長距離恋愛を定義づける前に、おつきあいについて考えてみましょう。

おつきあいとは、親しい関係にある異性が、かなりひんぱんかつ、定期的に時間を共に過ごし親密度を深めていく行為です。
これを念頭においてを考えれば、健全なおつきあいが可能な場合と、そうでない場合があります。

つまり、物理的な距離の差だけでなく、ひんぱんに会うことができるかということが、おつきあいに大きな影響を与えるのです。
会える回数については、カップルによって異なります。月に2~3度、少ないときは2~3ヶ月に1度しか会えないカップルもいるでしょう。遠距離恋愛で明らかに不利な点は、一緒に過ごす時間が少ないということです。これは、明らかにマイナスに作用します。

メールでの画像や動画送信といった新技術だけでなく、通常の電話でも、定期的に連絡を取り合うことはできますし、二人の絆を深めることは可能です。
数少ない逢瀬だからこそ、貴重なものとなるのです。
遠く離れているからこそ、会えるときを待ち望み、ロマンティックな恋の炎も燃え上がるというものです。
もしあなたが遠距離恋愛をする立場になったら、ネガティブな要素をボジティブに代えて、ぜひ成功に導いてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ