彼氏と長く交際できない理由は?お付き合いでやってはいけないNGとは?

デートの回数が増してくれば、相手のことをすべて分かったような気分になって、相手にとって迷惑なことも気づかずにやってしまうことがあります。
相手との信頼関係を保ちつつ健全なおつきあいを続けるためには、してはいけないことがあります。ここではおつきあいのNGについて学びましょう。

職場では、デートの話はできるだけしないようにしましょう。
職場で「週末は何をしてたの?」という質問をされた時、デートの話は一切してはいけないという訳ではありません。デートに出かけたことくらいは言ってもかまいません。ですが、長々と際限なく、ことの顛末を話すのは良くありません。

最近デートで行った場所や何をしたか、あるいは相手に対する気持ちなどについて、同僚がムリヤリ聞かされると思わせてはいけません。
デート相手が職場の人なら、なおさら良くありません。
社内恋愛の事実はできるだけ伏せておきましょう。さもないと、みんなに知られて、会社にいずらくなる可能性があります。

デートの内容をあれこれしゃべらないようにする一方で、一緒に出かけて見つけた相手の癖などを、誰にでも話すのは良いことではありません。相手の悪い点を人に話すという行為は、信頼を失います。個人的なおつきあいの内容は、自分達だけの中に留めておきましょう。

誰かにおつきあいの相手がどんなタイプか説明する時に、自分にだけ打ち明けられた話をすれば、相手のプライバシーを侵害していることになります。
さらに重要なことですが、相手の個人情報は他の人に話さないでください。
例えば、健康状態、経済状態、家族関連などの個人的な話は、相手があなただからこそ、内緒で話してくれているのです。住所、電話番号、メールアドレスなども個人情報ですから、勝手に他人に教えてはいけません。

このような個人情報を誰かれ構わず話すという行為は、相手に直接影響が出ますから、絶対にやめましょう。
また、相手の写真を許可なくブログなどネット上に投稿することも、絶対やってはいけません。
いくら親しくなっても、時間を考えずに電話をするのはやめましょう。
夜遅く、あるいは早朝に電話をするのはマナー違反です。これらは大変気に障ります。不規則な時間帯に生活している人以外には、節度のある時間帯に電話するよう心がけましょう。

また、電話をかける時は話し始める前に、いま話をしても大丈夫か、一言確認を取りましょう。もう1つ、おつきあいの NG は、「できるだけ多くの人に転送してください」というたぐいのメールを送り付けないことです。

あなたがメールを送り続ければ、メールの受信箱がいっぱいになったり、相手のコンピューターがウィルスに感染したりする危険性もあります。
お役立ちサイトの情報や、笑えるネタや写真、幸運や不幸の手紙といったメッセージを送るのが好きな人もいます。しかし、相手が送ってくれと言わない限りは、送らないようにしましょう。
以上のおつきあいの NG は、必ず心に留めておいてください。これを守れば、相手との絆も強まることでしょう。



人との付き合いで知っておくべき大切なマナーとは

尊敬」は大切な事柄です。
自分や相手に対して、敬意を持たなければなりません。尊敬し合えない相手なら、デートする意味はありません。
相手に対して尊敬の念が持てれば、不快感を与える行動に出たりしないでしょう。そんなことをしたら、デートが台なしになるとわかっているからです。

不快な気持ちにさせる行動とは、公衆の面前やデート中に鼻をつまんだり、爪を切ったり、爪の掃除をしたり、唾を吐いたりする行為です。髪や身体をひんぱんに触る癖も、相手に悪い印象を与えます。

最初はとても気になっていた相手のクセや失礼な言動でも、時と共にあなたの感じ方も違ってくるものです。
しばらくおつきあいして相手のことを深く知るようになったら、お互いに相手に心を開いて、それらを受け入れられようになることもあります。

しかし、いくら親しくなったとしても、唾やタンを吐くなどの行為は、受け入れ難いものです。非常に個人的であり、人に見せるものではないからです。もしあなたが無意識にこのような行為をしているとしたら、二度と人前でやらないように十分に注意しましょう。

また「時間を守る」ことは、最低限のマナーです。
時は金なりとも言い、時間は貴重です。約束の時間をきちんと守ることができれば、あなたが約束を守る人であり、このデートを大切なものだと考えていると相手に思ってもらえます。
ですから、時間を守りましょう。少しくらい遅れても大丈夫という、時間に無関心な姿勢ではいけません。約束を守れば、つきあいを続ける上で、相手との信頼が築けます。

もし相手が時間を守れない人なら、その人が信頼に値する人物かどうか、自分自身に尋ねてみましょう。信頼感なしに、人と深くつきあうことはできません。相手のすべての言動に対して不信感が募るようになるでしょう。

最初のデートでの話題は、できるだけ相手が興味のある内容を選ぶよう心がけましょう。
相手が興味のない自己中心的な話題を延々と続けるのでは、おつきあいは長続きしません。
会話は、キャッチボールです。
一方的に自分だけが話しているようでは、空気が読めない思いやりのない人と思われてしまいます。
また、あなたの話し方や話題で、あなたの受けた教育や物の考え方もわかります。会話の仕方次第で、あなたがどういう人かわかるのです。中身のない話をすれば、中身のない人間だと思われてしまいます。これでは、デート相手に対して悪い印象を与えます。
会話能力がなければ、適切なコミュニケーションがとれません。
うまくコミュニケーションがとれなければ、お互いに理解を深めることはできません。
このことは結果として、あなたと相手が結婚するかどうか、さらには結婚後に幸せな生活を続けられるかどうかという問題にも関わってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ