医者が求める結婚したい女性 その7つの共通点とは?

ドクターの好みを把握しましょう。
ドクターも人それぞれですから、もちろん細かい好みはいろいろあると思います。
ですが、おおまかな傾向というのも、やはりあります。

通常の仕事とは大幅に違う忙しさ、責任の重大さ・・・
そのような環境で働いているドクターが、パートナーに求める要素というものが、確実にあるはずです!医者が求める結婚したい女性 その7つの共通点とは?

ポイント
「ドクターの求める理想の妻像」にどれだけ近づけるかがカギ!
ドクターに
この人は理想的な奥さんになってくれるだろう
と感じてもらえたら、交際もグッと進展します!


それでは、早速、ドクターが好むタイプの女性と、その理由を列挙してみましょう。

堅実な女性

将来結婚したら、安心して家を任せることができると思えるから。
反対に、服装や持ち物が派手で、浪費家であることが想像できるようなタイプは、「ドクターの稼ぎで好き放題したいだけか?」と警戒されてしまうでしょう。

社会的に自立している女性

自分と同等レベルの考え方のできる女性だと思えるから。
長いこと失業中であったり、家事手伝いしかやってこなかった、という場合、社会の厳しさを知らないということで、敬遠されてしまうかもしれません。
無職の方は、まずは婚活の前に就活をする必要があるかもしれませんね!
その場合、是非、ドクターと出会える職に就職・転職するという方法を試してみてはいかがでしょうか?
「家事手伝いのまま、専業主婦へ移行したい!」と考えるより、ずっと効率がよいと思いますよ。

穏便な性格の女性

一緒にいて穏やかな気分でいられるから。
ハードな仕事をこなして家に帰ったら、ヒステリックな妻が待っているというのでは、仕事にも身が入らないというものです。
一方的に癒しを期待されても、女性としても困ってしまうかもしれませんが、やはり家庭は癒しの場であってほしいと思うのが、ハードワークをこなす男性の切なる願いです。

包容力のある女性

仕事においてはリーダーシップを発揮しなければならない分、家庭では妻に甘えることができたら嬉しいから。
これもやはり、癒しを期待する気持ちの現われですね!

魅力的な女性

自分のパートナーとなる女性には、尊敬できる面を持っていて欲しいから。
「魅力的」というのは、少し抽象的な表現かもしれませんが、このあたりはドクターそれぞれの好みがあるでしょう。
知性などの内面的なこと、あるいは容姿などの外面的なこと、いろいろな意味で「魅力的な女性」がいらっしゃると思いますが、やはり自分の妻には何か光るモノを持っていてほしいと願うのが男性です。

マナーのしっかりした女性

公的な場に連れ立っても恥じることのない女性であってほしいから。
上司との会合や、その他いろいろな公的な場所に、妻同伴で出向くという機会が多い立場ですので、安心して連れて歩くことのできる女性であってほしい、という希望があります。

特に、海外で行われる学会では、食事会やパーティがあることがありますので、夫婦で出席することが多くなります。
また、留学経験のあるドクターでは、留学時代の恩師や同僚の食事会やパーティなどもあり、夫婦で参加することがあります。
いわゆる「自分磨き」のための習い事は、婚活ではあまり意味をなさないというのが、最近の風潮ですが、ドクターとの結婚を目指すならば、そうとも言えませんね。
カルチャースクールなどできちんとマナーを学ぶというのもよいかもしれませんね。
それが、前述の「魅力的な女性」というものにつながっていく側面もあるでしょう。

料理の上手な女性

愛情が感じられるから。
単純だとお思いかもしれませんが、やはり男性が愛情を感じるのは手料理です。
特別凝った料理を作る必要はありませんが、手早くおいしいものをパパっと作れるようになっておいて、損はありませんよね!
余裕があれば、料理教室に通うなどして、腕を磨いておきましょう。
もちろん、結婚してからは、毎日おいしいものを作らなくては、というプレッシャーを感じる必要はありません。
夫婦で、家族でディナーを外でとる、ということもドクターのファミリーならではのこと。
その分、家で食べるときには腕によりをかけて自慢の手料理を作ってもらいたいものです!

以上が、多くのドクターが期待する、理想の奥さんにふさわしい女性の要件です。
もちろん、ドクターそれぞれが自分なりの理想像を持っているでしょうが、集約すれば、だいたいこのような内容に収まるでしょう。
特別珍しいことはありません。
男性の望む理想の女性像というのは、それほど大差ないのではないでしょうか。

では逆に、敬遠されるタイプというのはどうでしょう?
ドクターは、仕事柄、時間が不規則であり、人命を扱うため大きなストレスがかかります。
仕事でストレスを溜めているので、プライベートで交際する相手、いずれ妻になる女性に対してあまりにも気を遣う必要があるというのは、負担になってしまいます。
女性に振り回されている時間は、ドクターにはないのですね。
そのことを理解していただけない女性とのお付き合いは非常に疲れます。
そのため、女性側にもある程度の覚悟が必要です。
理解した上でお付き合いするのとそうでない状態でお付き合いするのでは、女性側のストレスも異なってきます。

ドクターの多くは、物事を論理的に冷静に判断する習性があります。
ですので、感情的になる人や、感情に訴えて行動する女性は嫌がられることが多いです。
ドクターの中には、それが可愛いと思う人がいるかもしれませんが、結婚を考えた場合、きっと長くは続かないものと思いますわがままな女性や勝気すぎる女性、理屈っぽい女性というのは、たいてい敬遠されると考えてよいでしょう。
あなたにだってストレスはあることでしょうが、上手にストレス発散する方法を見つけて、お相手ドクターの癒しの存在になれるように努力してみてくださいね!


サブコンテンツ

このページの先頭へ