メールを使って妻・旦那との関係をよりよくする方法

 旦那様(奥様)とメールしてますか?
私は、ほぼ毎日メールしています。
きっと、付き合い当初のラブラブ時代は、頻繁に連絡取り合っていたと思います。メールって本当に便利なものがありますから、連絡も取り易いですね。
携帯電話って、忙しくても一日に1・2回は見るじゃないですか。
相手からのメールを見る、その時、まさに離れていても気持ちが通じ合っているのですね♪

送る内容、時間は・・・
仕事の休憩中、家事などがひと段落つくときが有効です。
それは夕方の3時ごろですね。
仕事をしている旦那様、(奥様)には、とってもいい時間です。
もう少しで仕事も終わりに近づいた頃に、 「頑張って!!」というメールがあると、「もう少しだから頑張ろう。」という感じで、癒されます。

奥様なら、 「今日の夕飯は○○○だよ。」「仕事頑張ってね。」「帰り気を付けてね」
旦那様なら、 「今日の夕飯は何かな?」「今日は早く帰るよ!」
なんて、メールの中で必ず入れるようにしましょう。
まるで、新婚ラブラブ夫婦ですね♪環境を近づけましょう!

最初は返信がなくても、毎日のメールがとっても大切です。
毎日同じ位の時間に、メールし続けてみて下さいね。
必ずいつか返信が来るようになります。「夫婦は似る」です。
だって・・・相手から毎日メールが来ると、こう思いますね?
「今日は来るかな?」「たまには返事するか」
そうして、返事をポツポツしてくるようになります。
そして、それがいつか「習慣」になります。

習慣は宝です。
勉強する習慣。運動する習慣。本を読む習慣。・・・まさに、後々宝になります。
このような良い習慣を作るコツは、「最初はムリヤリに」です。
子供に歯を磨かせる習慣を作る時も、お母さんが最初ムリヤリにやらせましたね。メールが習慣になれば、こっちのものです(笑)
歯磨きと同じで、やらないとなんか気持ち悪いです。
また、あなたからメールが来ないと「なんかあったかな?」と気になります。
これぞ・・・ラブラブ夫婦!
毎日の積み重ねが、必ず相手に届きますよ。初はムリヤリです!
そして、返信が来たら・・・一歩前進!

メールについて、念のため注意してもらいたいことを書きます。。
メールの回数は、あまり多くはやめましょう。うんざりしてしまいます。
少ない回数で、絵文字を沢山使った長めの文章の方が良いです。
読む方の気持ちになって書きましょうね。
メールの良いところは、送る前に読み返せる所です。
言葉は1度出たら戻せません。送信する前に1度読み返しましょう。


家族の人間関係を修復する方法

最も理想の人間関係とは 「お互いの存在がお互いにとってプラス、お互い成長できる関係」です。
有名な言葉で表すと、WIN-WINの関係です。
念のため、WIN-WINを知らない方の為に説明しますね。

人間関係はどんな相手でもこの6つの中に当てはまります。
その6つとは、
1 WIN - WIN 自分も勝ち、相手も勝つ
2 WIN - LOSE 自分が勝ち、相手は負ける
3 LOSE - WIN 自分が負けて、相手が勝つ
4 LOSE - LOSE 自分も負けて、相手も負ける
5 WIN 自分だけ勝ちを考える
6 No Deal どうしてもWIN-WINに至らないなら 取引しないことに合意する

はい、全ての関係に、WIN-WINを目指すべきです!
どうしてもダメなら、No Dealです。

もちろん、夫婦関係でも!

では、WIN-WINを築くにはどうすればいいのでしょう?
いい方法がありますよ。
それは・・・まず相手のWINを考えて接するのです。
まず先に与えよ、ですね!
具体的に与える方法は、ここまで色々学んできましたね!
厳選した言葉を与える、記念日を本気で祝う、など・・・
そうすると、少なくとも相手はWINになりますので、自分から見て、
2 WIN - LOSE 自分が勝ち、相手は負ける
4 LOSE - LOSE 自分も負けて、相手も負ける
5 WIN 自分だけ勝ちを考える
( 6 No Deal 取引なし )
は消えますね。残りは・・・

1 WIN - WIN 自分も勝ち、相手も勝つ
3 LOSE - WIN 自分が負けて、相手が勝つ
( 6 No Deal 取引なし )

後は、自分も勝てばいいだけです。
自分が勝つには、先に与えた時点で自然とあなたも勝っています。
なぜなら、ラブラブになることこそ、あなたの望むWINですよね!?
相手にWINを与えれば、相手との関係の修復に繋がります。
そうして、ラブラブになりWIN-WINです。
その後も先に与えるを継続して下さいね!
重要なので思い返してください。
あなたは相手にWINで接していましたか? さ

サブコンテンツ

このページの先頭へ