魔法をかけたようなロマンティックなデートをするための3つのポイント

 二人が楽しめて、想い出に残るロマンティックなデートをしましょう。計画する場合もありますし、たまたまそうなることもあります。
特に女性はロマンティックなデートが好きです。もし二人の間でマンネリ化したデートが続いているのなら、いずれ相手に飽きられてしまうかも知れません。恥ずかしがらずに、思いっきりロマンティックなデートをしましょう。

魔法をかけたようにロマンティックなデートにするには、いくつかのポイントがあります。それをご説明しましょう。
ロマンティックなデートをするために、重要な3つの要素があります。
デートする二人の間の 1:ムード 2:行動 3:魅力 です。

ムードとは、場の雰囲気を盛り上げる大切な要素です。その場の環境や雰囲気全体を表します。ロマンティックだと感じる雰囲気を、タイムリーにかもし出さなければなりません。ムードの演出方法によって、何の変哲もないデートが、ロマンティックなデートに変身します。

例えば、照明や音楽、周囲の装飾によって、ロマンティックなムードを演出できます。一般的に、少し暗めの照明のほうがロマンティックに感じられます。照明をコントロールできない場合は、キャンドルの灯りがもってこいです。

照明だけでは、ムードの演出には不十分です。音楽も使いましょう。音楽の好みはさまざまですが、静かな落ち着いた雰囲気の音楽を聴けば、ロマンティックな気分になります。音楽と照明は、ムードを演出するために重要な要素です。また、周囲の装飾も大切です。基本的にはデートの場所は、きれいで心地良く過ごせるところでなくてはなりません。これは、最小限の装飾を行うことでも演出が可能です。二人が心地良く、くつろいで過ごせる雰囲気を作り出しましょう。

ロマンティックなデートを演出するために次に大切な要素は、行動です。
後になって、ロマンティックだったと追想できることをしましょう。例えば、高級レストランに出かけたり、自宅でディナーを楽しんだりすることも、効果的な演出方法の一つです。

おいしい食事、素敵な音楽、落ち着いた照明やキャンドルの灯りがあれば、食事もロマンティックなものに変わってしまうのです。

そしてもう1つ大切なことがあります。
二人がお互いに魅力を感じ合っていない場合は、ロマンティックなデートにはなりえません。二人が、お互いの身体に触れ合ったり、視線を合わせたりすることで、ロマンティックなデートとなるのです。
これらのお膳立てを上手にすれば、ロマンティックなデートを演出することができます。しかし必ずしも計画どおりにいくわけではありません。しかし、こういった内容について常に意識していれば、想定を超えて、上手な演出ができる可能性もあります。
わざとらしく演出するのではなく、自然に取り入れてみましょう。


婚活中は付き合いの状態を確認する

おつきあいが長く続けば、そのおつきあいがどういう状態なのか、時々確認する必要があります。
結婚を前提としたおつきあいを望んでいる以上、その目的に向かっているかどうか冷静に判断しましょう。もし、そうでなければ、時間とエネルギーのムダになってしまいます。 

おつきあいは、順調に進んでいますか? それともこの相手は結婚相手としてはふさわしくないと感じ始め、別れは間近なのでしょうか? もしくは、行き詰まったマンネリ状態ですか? 相手とのおつきあいを続けるべきかどうか判断する上で、いくつか参考にしたい内容があります。

一つは、相性がいいかどうか確認することです。
相性というのは、簡単に言うと二人の類似点のことです。二人が関心事を共有しているとか、相手の関心事について理解しているかということです。
相手と相性が良ければ、問題が起こった時に冷静に話し合って歩み寄ることができます。二人共満足できる結論を簡単に得られることでしょう。

逆に相性が良くない場合は、言い争いが絶えないか、あるいは話し合って出したはずの結論に一方が満足していないことが多々あります。こういった場合には、二人もしくは一方が不満な気持ちを隠し持っています。この隠し持った不満のために、何かをきっかけにいさかいが起こり言い争いになって、二人の仲は冷めてしまうのです。

二人が共通の興味や価値感を持っていて、それを共有したいと思っているなら、相性が良いと言えます。それぞれが異なった性格であっても、根本的な部分は同じ価値観であるべきです。二人の性格が正反対な場合や興味の持つものが全く違うという場合は、友人にはなれるかもしれませんが、結婚には向きません。
結婚を前提としたおつきあいでは、二人が共通して楽しめるものを持ち、お互いの価値観を分かち合いたいと考えることができなければ、上手くいかないでしょう。
もっと単純に、お互いに情熱を持ち不思議な引力を感じるとしたら、それは、おつきあいを続ける価値があるということです。

結婚を前提としたおつきあいには、温かな、ほのぼのとした気持ちを超える情熱的な感情が必要だと思っていますか? 相手に対する激しい愛情を持つことは、二人が大切なものを共有していることの現れです。二人の間に激しい情熱が流れ、魔法にかかったように感じられるなら、明らかにおつきあいを続ける価値があります。

非常に基本的なことですが、相手のことを好きだという気持ちが、一番大切なのです。
トラブルや危機に直面した時、この気持ちが重要な役割を果たすことになります。トラブルは、いつか必ず起こります。トラブルを乗り越えるだけの熱意があなたにはあるでしょうか?

こういった内容について、自分の気持ちや相手との状況を確認することで、おつきあいが順調に目的に向かって進行しているかどうか、判断することができます。相手と幸せな未来を築きたいと思えれば、いい方向に進んでいます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ