医者と病院で出会うための4つの方法

ドクターとの結婚が難しいということの理由のひとつに、
「なかなかドクターと知り合う機会がない」
ということが挙げられます。

ただ、職業を限定して結婚相手を探す、というふうに考えると・・・
ドクターに限らず、とても難しいことなのではないでしょうか?
たいていは、まず知り合って、相手のことがなんだか気になって、やがて恋愛に発展して、というのが普通の順番でしょう。
職場恋愛ならともかく、通常は相手の職業は後から知ることになります。
それを、まず職業で相手を限定するから、恋愛や結婚に発展させるのが難しくなるのではないでしょうか?

ドクターに限らず、お見合いなどでお相手の条件を重視した場合に、なかなか「この人!」という方に巡り合えず苦労する、という多くの婚活女性が経験するパターンと同様でしょう。
一般の婚活の場合でも、とにかく出会う人数を増やしてチャンスを広げることしか、解決方法はないと言えます。

同じように、ドクターとの結婚を目指すならば、「ドクターと知り合う機会をとにかく増やす!」ということで、問題は解決できるのではないでしょうか?
多くのドクターと接するうちに、あなたが自然と「この人こそ!」と思えるドクターを見つけ出すことができるでしょう。
ただ普通に過ごしていたのでは、ドクターと知り合う機会は訪れません。

あなたのほうから、ドクターのいる場にどんどん出向くという努力が必要になります。
ここでは、ドクターと知り合うための具体的な方法をご紹介してきます。
少しハードルの高い方法もありますが、できるところから積極的に実践してみてくださいね!

ポイント
ドクターに出会うには、まず病院へ行くべし!
病院を活用する方法もいろいろありますよ。

病院で出会う

ドクターがいるのは、病院。
ですから、病院に出向くのが、ドクターとの出会いを増やす最短の方法ですね!
ごく当たり前のことですが、ドクターとの結婚を目指す人が積極的に病院に出向いているかというと・・・そうでもないのではないでしょうか?
まずは、とにかく病院へ行ってみましょう!

では、具体的にどのような行動を取ったらいいか、順を追ってご説明して参りましょう。

通院・お見舞いで医者と出会う方法

何か気になる症状があれば、病院に行くことはごく自然なことですので、一番簡単に実践できる方法と言ってよいでしょう。

「最近、お肌の調子がちょっと・・・」「何日もお通じがないなぁ・・・」
そんな小さな悩みでも、ドクターは丁寧に診察します。
あなたの健康上のお悩みも解消されて一石二鳥ですから、迷っているヒマがあったら、積極的に病院へ足を運びましょう!
診察代や薬代など、多少の出費はありますが、将来への投資と思ってくださいね。

そして、お世話になった先生や、同じ病院に勤務するドクターなど、気になる方がいらっしゃったら、積極的にアピールをしましょう。
とはいえ、診察中に突然告白をされても、先生もビックリしてしまいますし、ナースなど周りの目もあります。
お礼状にメールアドレスを添えたり、メールでお食事に誘ったりと、スマートに実践してみてくださいね。
そんなふうにして、患者さんと親しくなり、結婚したという後輩ドクターも、私の身近にいるんですよ!
しかし、あまりにしつこく受診したり、必要以上に不調を訴えられたりすると、
「精神安定剤を処方しなくてはならないかな?」
なんて、心配されてしまいますので、ホドホドに。

また、通院する際の病院選びもよく考えましょうね。
院長一人で細々とやっているようなクリニックでは、あなたが結婚の対象と考えるようなドクターはいないでしょう。
あるいは、たとえ小さな病院であっても、以前からのかかりつけの先生に、
「先生の後輩などで、よい方はいらっしゃいませんか?」
と率直にお願いしてみるという方法もあるでしょう。
先生との信頼関係によっては、大学の後輩などを紹介してもらえる可能性もあるかもしれませんね!

このように、病院にかかる際には、ドクターとの出会いということを常に念頭に置いておくことが、ドクターとの結婚を目指す上では基本事項になってきます。
また、ご家族やご親戚、会社の同僚などが入院なさった場合も、お見舞いに積極的に出かけてみましょう。
ドクターの回診と接するチャンスがあるかもしれません!
「●●がお世話になっています。」
などとご挨拶して、印象付けましょう。

気になる先生について、お見舞いに行った患者さん(お母様や女性の年配の親戚ですと、話が早いですね!)からさりげなく独身かどうかを聞いてもらう、なんてこともできるかもしれませんね。

いずれにしても、焦りは禁物、ゆっくりと信頼関係を築いていくことが大切です。


病院に勤務して医者と出会う方法

次に、さらにもっとドクターと継続的に接することが可能な方法としては・・・
あなたももうお気づきかもしれませんが、「あなた自身も病院で勤務する」という方法が挙げられます。
病院の仕事は、いろいろな業務に分かれており、たくさんの職種があります。

例えば、ドクターやナース、薬剤師など。
ですが、これらはあなたもご存知の通り、国家資格を取得するため、学校や専門学校に通う必要があります。もちろん、難易度も高くなってきます。
そのほかに、医療従事者として仕事をする場合、資格を必要とするもので、比較的難易度の低いものですと・・・
栄養士、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがあります。

看護士の資格ほどには難しくありませんが、やはり年単位で学校・専門学校に通う必要がありますし、実務経験を要求されます。
そうなると、相当の年数が必要になりますので、社会人の女性が今から目指すには、現実的な方法とは言えませんね。

もしも、あなたがまだ学生さんで、これからそれらの職業を目指そうというのであればぜひとも頑張ってくださいね!
他にも、いろいろな職種があります。興味のある方は「コ・メディカル(=ドクター・看護士以外の医療従事者)」という言葉で検索をしてみてくださいね!

現実的にこれからでもトライできる病院関係の仕事としては、看護助手・医療秘書・医療事務・総務・受付、また大きな病院であれば社員食堂・売店販売員などがあります。
これらの中には、一部は資格が必要とされますが、さほど難しいものではありません。

中でも、医療事務については、比較的簡単な資格試験で取得でき、通信講座なども充実していますので、現在のお仕事を継続しながら取得するには、うってつけでしょう!

ある講座を例に挙げますと・・・
通学なら期間は 3 ヶ月、費用は 9 万円程度。
通信講座や AV 講座では、期間は 3~6 ヶ月、費用は 6~8 万円程度です。
通信教育会社に資料請求してみたり、地域の職業支援センターなどで行われる職業訓練の案内を調べてみるのもよいでしょう。
自治体が、格安で講座を開いているケースもありますからね。

ここでも、「ご自分で調べてみる」ということを意識して、やってみてください!
このサイトの読者の中には、医療事務の資格を取り、お目当てのドクターのいる病院で勤務し、見事そのドクターとゴールインした、という女性もいらっしゃいます!
また、一般事務(経理・総務・会計など)については、医療事務の資格が不要ですので、ぜひ、医療機関からの求人情報を確認してみてくださいね!

また、私の後輩ドクターは、病院内の喫茶店の店員さんがお気に入りで、毎日通い詰めているんですよ。
考えてみれば、ドクターだって、普通の若い男性!
ステキな女性が身近にいれば、その職業を問わず、気になってしまうものです。
ですから病院で働くということだけでも、格段に可能性が広がるのです!
まずは今すぐ、資格取得関連の資料を集めることや、地元の病院で求人が出ていないかどうかの確認などから、スタートしてみてくださいね。
行動の早い方は、結果を出されるのも早いものですよ!

病院に出入りする職業に就いて医者と出会う方法

次にご紹介するのは、直接的に病院で働くのではないけれど、仕事柄病院に出向くことが多く、ドクターと接する機会もたくさんあるという職業です。

まずは、製薬会社。
製薬会社の営業マンになると、新製品のレクチャーや、データの紹介、最新の海外文献などをドクターに提供するために、足繁く病院に通うことになります。
当然のことながら、ドクターとの関わりは非常に綿密なものになります。

次は、医療機器メーカー。
主に、外資系の企業さんが多いようですね。
メーカーの営業マンになると、最新の医療機器の説明はもちろんのこと、ドクターと一緒に検査や手術に立ち会うこともあるのですよ!
ドクターの方から、治療方針や機器の決定などを、メーカーさんに相談することも頻繁にあることで、ドクターが非常に頼りにしている存在と言えます。
また、学会発表のためのデータ収集や編集をお願いすることも多々あります。
ですから、ほぼ毎日のように、たくさんのドクターと関わることのできる職業なのです。

さらに、メーカーの製造した機材の売買に携わる、仲買業者。
こちらは、ディーラーと呼ばれています。
就職の難易度という点では、メーカーよりもディーラーの方が比較的容易であると言ってよいでしょう。

ディーラーの仕事内容としては、実際に病院に機材を収めるという実務の他に、自社で取り扱っている機材の説明や立会いを、メーカーに代わって行うこともあります。
ですから、ディーラー勤務もメーカー勤務と同様、ドクターとの深い関わりを持つことができます。

いくつか企業の例をご紹介しましょう。
私は、カテーテルを用いた血管内治療を専門としています。
例えば、治療・手技にかかわる機材や薬剤、医療機器メーカーの一部をご紹介いたしますが、医療全体としてはごく一部です。
「医療機器」「医療備品」「医療機材」「医療・ディーラー」などで検索しますと、多数の業者はヒットするはずです。

特に、ディーラーは各地に根付いた企業が多数ありますので、地方にお住まいの方も、地元企業で探してみる、ということができますね!
こちらも、ぜひともご自分で積極的に探してみてください。

しかし、ひとつ誤解しないでください!!
仕事で接点が増えたからといって、『仕事』と『プライベート』は、もちろんイコールではありません。
仕事での接点から個人的な間柄に発展させるには、注意が必要です。

最近では、院内での勉強会や説明会を行う機会が増えてきています。
治験と呼ばれる、新薬の臨床試験などでは、研修医や若いドクターが担当となることが多いので、接する機会が増えます。
プライベートな会話を行うこともありますので、その際、友人の話題などを出して、合コンの設定を行ってみてはいかがでしょうか?

いくら最終の目的が『ドクターとの結婚』とはいえ、仕事とプライベートを一緒にしてしまっては、まじめなドクターには、それだけで敬遠されてしまう可能性もあります。
ですので、仕事で直接接触するドクターとのお付き合いはなるべく控えたほうがよいかも知れませんね。
仕事に影響を及ぼす可能性もないとは言えませんし。
仕事で直接接するドクターと交際するよりも、合コンや紹介で出会うドクターに期待するのがよいかと思います。

このように、「病院でドクターと接点を持つ」という視点だけでも、いくつもの道があるんですよ!
あなたの身近な範囲で、できそうなところからトライしてみてくださいね。
「転職してまで・・・?」とビックリしている場合ではありませんよ~!
実際に、転職してドクターとの結婚という目標にたどり着いた女性が、多数いらっしゃるのですからね!!


大きな病院の食堂を利用して医者と出会う方法

病院に出入りする方法として、「通院」や「勤務」という正攻法のほかに、あと一つ、手段があります。
それは・・・大きな病院の職員食堂に潜入する、という方法です!
大病院であれば、病院に勤務するドクターや看護師はもちろん、出入りする業者さんたちも利用できる食堂があります。
たいていの病院で、IDなどのチェックはありませんので、スーツ姿で何食わぬ顔をして入り込んでしまえば、誰からもとがめられずに利用できてしまうものなのですよ。

何か問われたとしても、「仕事で来ました」「研修で来ました」等、堂々と答えてしまえば、特に怪しまれることはないでしょう。
度胸のある方で、あなたの勤務先の近くに大きな病院がある、などというケースならば、お昼休みにちょっと病院の食堂へ・・・なんてことも試してみてもいいかもしれませんね。
顔見知りのお医者さまが、できるかもしれません。

この場合、変に身分を偽ったりするのは、避けたほうがいいかもしれません。
以前一度仕事でお邪魔して、それ以来○○定食が気に入ってしまって♪
くらいのイイワケなら、許されるでしょうか。
ただの恋愛でなく、結婚につなげたいのですから、大きなウソは後々の不信感につながってしまいます。
ですから、是非にもオススメという手段ではありませんが、一つの選択肢として、参考までにご紹介しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ