幸せなカップルになるために!お付き合いのコントロール術

楽しく、充実したおつきあいを続けるためには、ある程度の計画やテクニックが必要です。時間や場所、何をするかなど、あらかじめ計画しておけば、比較的スムーズにデートを成功させることができるはずです。
ここでは、おつきあいのコントロール術をご紹介しましょう。

まず、デートの場所選びは重要です。安全で楽しめることが大前提ですが、不測の事態に備えた行動が取れる場所を選びましょう。
最初のデートでは相手の素性について全く分からない状態ですから、まずは自分の身の安全を考える必要があります。なぜなら相手がどういう意図であなたに会おうと考えているか、まだ分からないからです。しかし安全性ばかりに注意がいってしまうと楽しむことができず、相手を値踏みするだけになりがちです。

相手のことをよく知らない段階では、どの程度の時間、一緒に過ごすべきか決めるのは難しいでしょう。ですが、これは自分でコントロール可能な事柄です。状況に応じて、いくつかの対応策をあらかじめ考えておくと良いでしょう。

おつきあいをスムーズに進めるためには、最初の段階で、自分の性格の変わった部分を、相手に正直に言えるようにしておかなければなりません。
さもなければ、あなたの特異な面に突然接して、相手はきっと驚くでしょう。

例えば、嫌いなものやこういうことをされたら腹が立つといったことを、正直に伝える必要があります。これには、相手のクセやマナーも含みます。
相手があなたの風変わりな部分を知らずにいれば、誤解が生まれやすくなります。しかし、そういった面について事前に知らせておけば、誤解は生じにくくなるでしょう。

おつきあいが進むにつれて、相手との絆もコントロールできるようになるでしょう。
これをコントロールするためには、このおつきあいを続けた場合にメリットがあるか、そして、さらに深い絆を育んでいけるかどうかを、しっかりと意識して判断しなければなりません。

心が弱く幸せになれないタイプのおつきあいをしてしまう人もいます。しかし、勇気がないから、消極的になってしまうのです。
おつきあいの中で、自分を見失わないで感情をコントロールすることは可能です。そのためには、断固とした行動を取り、必要に応じて自分の中の何かを変えていかなければならないのです。

もしあなたが、おつきあいの進行状況をコントロールすることができれば、幸せになれない相手とのおつきあいにのめり込むことを避けられます。
相手が強烈な個性を持っている場合、そして、あなたの想い以上に強い想いを抱いている場合には、幸せになれない状況が生まれる可能性が高いのです。相手の気持ちを考えた上で、あなたが同じ気持ちで、結婚を前提としたおつきあいができるかどうか、よく考えましょう。

常に相手の気持ち考え、相手がどういう心積もりであなたとつきあっているのか考えることは非常に重要です。おつきあいの進行状況について、しっかりコントロールできるようになりましょう。
おつきあいを始めた頃は、あれこれ希望を持つものですが、その希望どおりのおつきあいができるかもしれませんし、期待以上のおつきあいになるかもしれませんからね。

付き合うことのリスク

物事には、多かれ少なかれリスクが存在します。おつきあいも同じです。
つきあい始めの頃は特に、リスクに注意が必要です。
最初のうちは、相手のことを全く知らないか、あまり良く知らないはずです。ですから、相手に良い印象を持っていれば、相手のすべてが好意的に見えてしまいます。

しかし、おつきあいには、さまざまな落とし穴や危険が潜んでいますから、注意しましょう。
個人情報の取扱には十分注意が必要です。
おつきあいをしている相手が、あなたの個人情報を無断で第三者に提供する可能性があります。意図的でなくても、相手が使用している端末がウイルスに感染していて、知らない間にあなたの情報が流出する可能性もあります。

このように流出した個人情報を誰かが悪用して、あなたに大きな損害を与える危険性があることを、十分認識する必要があります。
相手があなたのメールアドレスなどの個人情報を悪用して、第三者に迷惑メールを送る可能性もありますし、第三者にメールアドレスを教えたり、あなたに迷惑メールが来るようになったりすることも考えられます。
また、あなたや二人の写真を、相手が自分のブログなどに勝手に投稿することも考えられるでしょう。

このようなリスクを避けるために、おつきあいの相手に、自分のメールアドレスなどの個人情報を第三者に渡したり、無断でインターネット上に画像を投稿しないように、はっきりと伝えましょう。
相手があなたに対して異常に好意を持っている場合も、問題が起こる可能性があります。

誰かがあなたに注目してくれて、これまで会った中で一番すてきな人だと言ってくれたら、最初はすばらしいことのように思えるでしょう。しかし、相手が理性を欠いた行動に出るようになったら、このおつきあいは非常に危険なものであると考えてください。

あなたへの執着が度を超えると、ストーカー行為をされる場合があります。
愛情が高まるにつれて、あなたの一挙手一投足まで知りたいと思うようになったり、いつも一緒にいたいと言ったり、友人や家族と過ごすことに腹を立てて嫉妬したり、あなたの行動を詮索したりし始めたら、要注意です。

このような状況になれば、あなたは常に相手から監視されているような気分になり、落ち着いて生活することができません。もし、気になる行動が見られたら、それが妥当か、あるいはストーカー的なのかを、慎重に見極める必要があります。
ストーカー行為以上に、相手の好ましくない行為や性格が見つかることがあります。例えば相手が信頼できないとか、嘘をよくつく、あるいは詐欺や窃盗などの犯罪を行ったことが明らかになれば、これから先おつきあいを続けていくべき相手ではないことは明白です。
もし他にすばらしい部分があったとしても、非常に好ましくない部分も持つ、二面性がある人だということです。このように考えて、早めに対処しましょう。

このようなおつきあいのリスクに注意すれば、相手に過度の期待感を持って失望することは避けられますし、将来的に、友人家族に相手を紹介して、恥ずかしい思いをしなくてすみます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ