男性が結婚に踏み切れない理由は?

ドクターに限らず、昨今の男性が結婚を躊躇してしまう一番大きな理由は、「自信を失っている」ということなのではないでしょうか。
この不況の中、女性はどうしても将来のことを考えると、男性に安定した収入を期待する傾向があります。

女性は、出産や育児の期間中、自分自身が思うように働くことができませんから、男性にある程度の甲斐性を期待するのは、当然のことかもしれません。

でも、男性からすると、
「自分のことでも精一杯なのに、人の人生まで背負いきれない」
と感じて、結婚に対して後ろ向きになってしまいます。

寄生願望から結婚を目指すのは、女性にとっても男性にとっても、不幸なことですよね。
あなたがドクターとの結婚を目指すのも、一番の大きな理由としては経済的な安定ということがあるでしょうが、ただドクターの稼ぎに寄生したいだけだとすると、ドクターが妻にしたいと望む相手にはなれないのではないでしょうか。

世の中には、たいした症状でもないのに診療時間外に病院を訪ねたり、ドクターや看護師に無理難題を押し付けるような、モンスターペイシェントと呼ばれる、傍若無人な患者が増えています。
特に、大病院の忙しい診療科のドクターなどは、毎日精一杯診察を行っているのに、「待ち時間が長すぎる!」などと責められたりすることも日常茶飯事です。

手術のために外来の席をはずすと、
「患者を待たせて休憩しているのではないか?」
などと疑う患者さんもいるのですね。「こんなに頑張っているのに・・・」という絶望感や無力感にとらわれることもしばしばです。

そんなときに、
「あなたの稼ぎに乗っかって、ラクさせてね♪」
という女性が現れたら、たまったものではありません!
ドクターは一般の仕事に比較してもちろん高収入ですが、それに見合うだけの労働を果たしています。
ですから、そのパートナーとなるあなたにも、ドクターの心を支える努力が求められるのです。

ポイント
男性は、自分自身に自信を持てないと結婚に踏み切れないもの。
あなたの心からの支えと愛情を感じることができれば、「この人しかしない!」と思ってもらえるはず!


ドクターの悩みを聞き、日頃から悩み相談に慣れておくことも大切ですが、ドクターが抱える
悩みというのは、また一般の職業の方とは違う側面もあります。
ドクターに対してトンチンカンな受け答えをしてしまわないように、ドクターならではの悩みというものについて、よく学んでおきましょう。そしてドクターの悩みに的確な応対ができるように心がけましょう。

もちろん、「素人のくせに、何がわかるというんだ!」と反感を持たれてしまいそうな、中途半端なアドバイスですと、かえって逆効果です。
悩めるドクターを温かく受け入れ、
あなたと一緒にいるのが一番居心地がいい
と思ってもらえるような環境作りを目指してくださいね。
「これからの人生に、あなたの支えが必要だ!」
と思ってもらえるよう、ドクターを取り巻く厳しい環境について自分のことのように考えられる姿勢を持つように心がけましょう。


医者の浮気は誰のせい?結婚してからも理想的な妻でいる

ここまでで述べてきたような努力は、結婚してからも継続して行う必要があります。
「結婚してしまえばこっちのもの」なんて考えたら、大間違いですよ!
実際、ドクターはモテます。
既婚者の私も、患者さんからお誘いを受けることもしばしばです。
(もちろん、丁重にお断りしていますが。)
結婚生活を維持させるには、夫と妻、双方の思いやりが不可欠なのは、言うまでもありません。

お互いが相手への敬意や感謝の心を忘れないようにするためには、やはりまずあなたが、ドクターとの結婚を達成するまでの気持ちを常に忘れないようにすることが大切なのではないでしょうか!
そうすれば、ドクターからも
「この女性と結婚してよかった!」
「この人にずっとそばにいてもらわなくては!」
と、ずっと思い続けてもらえることでしょう。

ポイント
ドクターへの献身と思いやりは、結婚後も継続すべし!
常に感受性を高め、ドクターの心に寄り添って生きることを考えましょう!


あなたの感性にますます磨きをかけ、付け焼刃ではなく、あらゆる意味で「ステキな女性」であり続ける心がけが必要です。
男性は、女性に対して、優しさや可愛らしさ、きめ細かな配慮、気品を感じさせる美意識、女性らしい感受性を求めています。
また、妻になってからは、家を安心して任せられること、コスト意識、衣食住のセンスといったものが求められます。
幸い、ドクターの妻ともなれば、カルチャースクールなどに通う時間的・金銭的余裕は生まれるでしょうから、そういった機会をうまく利用して、ますますあなたの魅力に磨きをかけてください!

そうは言っても、ドクターが苦労して稼ぎ出したものを、惜しげもなくどんどん使っていいというわけではありません。
やりくり上手なことも、大切なことですよ。
そういう意味では、蓄財や投資に関する知識が豊富であることも、アピールポイントになりますね。

この不況の折、富裕層を狙った投資詐欺なども横行しています。
こういったものにコロリとだまされてしまうようでは、ドクターは安心して家計をあなたに任せることができませんね。
怪しげな投資情報にまどわされず、堅実な財テクが行えるよう、金融商品などについてきちんと学ぶというのもよいでしょう。
そうは言っても、ケチケチしていて、家の中が寒々しいようでは、家庭がドクターの癒しの場になりませんね。
季節のイベントに合わせて、部屋や庭をステキにデコレーションする、なんていう工夫も必要でしょう。
一般の家庭に比べれば、お客様をお招きしてホームパーティをするなんていう機会も多いですから、そういったときにセンスのよさを発揮し、「自慢の妻」であってほしいものです。

もちろん、ドクターによって好みも違いますし、あなたにも得手不得手があるでしょうから、何からなにまで完璧である必要はありません。
何か、あなたの得意分野で「家庭生活に生かせそう」と思うものを見つけて、ぜひそれをどんどん洗練させていってください。
結婚生活を続ける間にも、自分磨きを継続していく、ということですね。
向上心にあふれるあなたには、むしろ喜ばしい状況ではないでしょうか。
結婚して、自分のために使えるお金が減ってしまった、とお嘆きの既婚女性も、世の中にはたくさんいらっしゃるのですからね。
間違っても、結婚したらグータラになって、どんどん太ってしまった、なんていう自堕落なことにならないように気をつけてくださいね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ