医者の彼女から妻候補になるためにあなたがするべきこと

さて、あなたはこれまでに、ドクターの置かれた状況について知り、たくさんのドクターと知り合う方法、そしてその中のドクターと交際を深める方法を学んできました。
たくさんやるべきことがあって、「こんなにたくさんできるかしら?」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここで一度深呼吸をして、心を落ち着かせてください。
「こんなことできない!」「ムリかもしれない!」という、ネガテイブな気持ちを持ったままでは、前に進めません。
最初にも申し上げたとおり、いきなり全ての方法をやる必要はありません。
あなたが出来そうなところから、スタートしてみてくださいね。
一度に全部やろうとしても、気持ちの余裕も物理的な時間も足りませんから。
ひとつひとつの課題をじっくりとこなしながら、徐々にドクターとの出会いを増やしていってください。
その中できっと、「この人なら!」と思える、ステキなドクターと巡り合えることでしょう。

そして、必ずそのときは、前向きな気持ちでドクターと向き合ってください。
また、具体的にそのドクターとの幸せな結婚生活を思い描くことも、大切です。
スポーツ選手には、実際のトレーニングに加えて、イメージトレーニングがとても重要であるということは、あなたもご存知のことと思います。

それは、ドクターとの結婚を目指すあなたにとっても同じことです!
決して、悲観的にならず、良いイメージ、具体的なイメージを常に頭の中に描くように心がけてくださいね。
非現実的な妄想では、だめですよ(笑)
空想の世界に入ってしまっては、ますます現実での幸せな結婚は遠のいてしまいます。

理想を掲げるのではなく、
この方とならば、ステキな結婚生活が送れるに違いない♪
という前向きな気持ちを持つのです。
そのとき気を付けたいのは、「ドクターの妻になれれば、セレブになれる!」というギラギラした気持ちを前面に出さないようにして頂きたい、という点です。
このような態度では、お相手ドクターに「ドクターなら誰でもいいんだろうか?」という不信感を与えてしまいます。
目標は、もちろんドクターとの結婚ですが、打算的な面が第一になってしまわないように、くれぐれも気をつけくださいね!

実際、ドクターの妻というのは、ドクターを支えるとても大変で、重要な仕事だと私は思っています。
金銭的に、他の職業の奥さんより余裕があるのは事実ですが、その分、ドクターのストレスを癒すという重要な役割を果たす必要があります。
「この人の支えになりたい!」という強い意志が大切なのですね。

あなたの、そのような率直な気持ちが伝わるとき、ドクターからも
「この女性にずっとそばにいてほしい!」
と望んでもらえるのではないでしょうか。

それでは、ここでは、具体的にどのようにドクターに結婚を意識してもらうかという点と、ドクターの妻に求められる要素についてお話して参りましょう。
これらを把握できてこそ、ドクターとの結婚生活を具体的にイメージできるはずですからね!


彼女から妻候補になるために

結婚話を進めるにあたっては、お相手のご家族、とりわけ母親に気に入ってもらうのが一番というのは、恋愛でも婚活でも鉄則ではないでしょうか。
恋愛で盛り上がっても、お相手男性のお母さまの反対で結婚できなかったという話はザラにあるものです。
婚活の場合も、男性本人はお見合い相手を気に入ったのに、母親の反対に合い、お断りすることにした、というケースを耳にします。

ここは、ドクターとの会話の中で、ご家族の情報も上手にリサーチして、切り抜けましょう!
さりげなくご家族についてお話を伺うことで、お母さまの好みや家庭での習慣などを知ることができるでしょう。
あまりにもあなたにとって違和感のある家庭環境であれば話は別ですが、できる限り、あなたがお相手ドクターの家の風習を身に付けるようにできたらよいですね!
特に、ドクターの場合、親にとって自慢の息子であると考えるべきでしょう。
大切に大切に育てて、医者にまでなった息子を、誇りに思っているのですね。
ですから、その親、特に母親から、「我が子の嫁にふさわしい」と思ってもらえることが重要なのです!
逆に言えば、お母さまに気に入っていただければ、結婚話がトントン拍子に進む、ということだってあるのです。

ポイント
ドクターを射止めるには、母上を攻略すべし!
「郷に入れば郷に従え」の精神で、ドクターの家庭の風習に従いましょう。
一歩下がってドクターを立てる姿勢を忘れずに。

お母さまに気に入っていただくためには、第一印象がとても大切です。
最初にご家族と対面したときに、「息子がいいお嬢さんを連れてきた」と思ってもらえたら、しめたものです!
お母さまの好みなどをあらかじめよく伺っておいて、「ステキなお嬢さん」と感じてもらえるように努力しましょう。

年配の方にお目にかかるときは、やはりオーソドックスで少し古風な雰囲気の服装を心がけた方がよさそうですね。
もちろん、お母さまの好みにもよりますが、派手な雰囲気で露出の多いような服装よりもお嬢様風のワンピースなどの方が受けがよいでしょう。
ファッションセンスにしろトークセンスにしろ、あまりにも研ぎ澄まされた感じよりも、控えめで、ドクタ-本人やお母さまに対して従順な様子を示した方が、好感を持たれるのではないでしょうか。
「能ある鷹は爪を隠す」
と言ったところでしょうか。
あまりにもデキル女性というよりも、お母さまを師と仰いで教えを乞うという態度の方が望ましいのではないかと思います。

もちろん、お母さまの性格にもよりますので、絶対にこれが良いとは限りませんが、おおむねこのような方針でよいのではないかと思いますよ!
人間、相性というものもありますが、最初に
「なんだかニガテなタイプ」
と思われてしまうと、後から挽回するのにはかなりの労力が必要になります。
最初が肝心ですので、緊張しすぎず、適度に気合を入れて体面に臨みましょう!

事前にドクターからお母さまのお話を伺う際に、お母さまとドクターの関係についても感じ取ることができたらいいですね。
たまに、母親を大切にする男性を「マザコンでいやだ!」と言う女性がいらっしゃいますが・・・
「母親を大切に思うこと」と「母親の言うなりになること」とは、少し違います。
母親を邪険に扱うような男性が、果たして妻を大切にしてくれるでしょうか?
母親に敬意を示すことは、男性として良い側面だと考えていただきたいものです!

もちろん、結婚してから、あまりにもお母さまの意見を優先して、あなたをないがしろにするような男性では、困りますよね。
そのためには、お母さまと対立関係になってしまうことを、最初から避けるのが賢明な方法でしょう。
実際には、結婚してから親と意見が食い違うことというのは、頻繁に起こるものです。
そのときに、最初から対立する感情があると、「何が何でも反対!」という気持ちをお姑さんに抱かせてしまうことになりかねません。

しかし、好印象を持ってもらえていたら、
「あなたたちのいいようにしなさい」
と、認めてくれる可能性も出てくるわけです。
「親と結婚するわけではないのだから、そこまで気を遣う必要はないんじゃないの?」
という意見をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、お母さまと対立してしまうようなことは、お相手ドクターを悲しませることなのですから、やはり避けたほうがよいですよね。
ここは、結婚を早めるため、またその後の結婚生活を円満にするためと考えて、お母さまと仲良くなれる道を模索してくださいね!
これは、ドクターとの結婚に限った話ではないと思います。

万一、あなたがこのような努力をしても、あなたのことより母親のことを常に優先するドクターだったり、あまりにもお母さまがうるさく干渉するような方の場合は・・・
果たしてあなたの一生を託す価値のある男性なのか、ということを、よく考え直してみてくださいね。
「ドクターとの結婚」という目標のために努力すべき範囲と、女性として我慢ならない範囲との境目は、あなたご自身でしっかりと見極めてくださいね。
ドクターなら誰でもいいというわけではないはずですから!

話を元に戻しますと、「母親に気に入ってもらう」ということが、とても重要なわけですが、そのためには早い段階でご両親に紹介してもらわないことにはスタートラインに立てませんよね。
そのためには、ご家族のことを話題にする機会を増やしてみるのがよいのではないでしょうか。
単純にドクターのご家族について尋ねてみるだけでなく、さりげなくあなたのご両親について話題にしてみる、というのもよいでしょう。
もちろん、ドクターが興味を持ってくれるように、話し方には工夫をしましょうね。
いきなりダラダラとあなたのご家族について話されても、「だから何?」と思われてしまうでしょう。
ご家族が通院したときの話題であるとか、ドクター自身の趣味や嗜好などと絡めるなど、ドクターが関心を持つような内容からスタートするのがよいでしょう。
また、お互いの家族について話をすることで、親近感が湧いて 2 人の距離が近くなったり、結婚を意識したり、という効果もあるでしょう。
「ご両親にお会いしたい」「うちの両親に紹介したい」
と言った言葉をドクターから早く聞けるような工夫をしてみてくださいね!



サブコンテンツ

このページの先頭へ