5分でできる魔法のダイエット!たった5分でダイエットができる理由

 ところで、あなたは有酸素運動がダイエットに一番良いという話を聞いたことがありませんか?
有酸素運動とは軽めの運動を長い時間(20分以上)続けることにより、脂肪を燃焼してくれるというありがたいトレーニングです。

よく、ダイエットでジョギングやウォーキングをする人がいますよね。
これは有酸素運動をして体脂肪を減らすダイエット法の1つなんですね。
その他にも、長時間の縄跳びや、水泳などもこれにあたります。

有酸素運動は、直接、脂肪を燃焼してくれるので確かに脂肪燃焼には一番効果的なトレーニングなんですねー。

あっ、じゃあ有酸素運動をすればいいんだ!?
はい、続けることができれば…

あなたは分かっているはずです。
自分が20分以上走ったり、歩いたりするような時間のかかるダイエットを毎日できない人間であることを。

あなたに必要なのは、 時間がかからず、スペースいらず、そしてなにより、簡単に出来るダイエット なんですよね?

実際、有酸素運動はある程度広いスペースがなければできないものが多く、特にジョギングやウォーキングなどは天候に左右されて、雨が降ったりするとできなくなり、その日を境に止めてしまうこともありますよね。
一応、筋力トレーニングの中にも有酸素運動ができるメニューもあるのですが、やはり、総時間を20分以上かけなければあまり脂肪燃焼には効果がありません。

時間を短縮すると、筋肉だけついて脂肪があまり減らないという現象も有り得ます。
有酸素運動は効果的だけど面倒くさい!!
というのが、今までのダイエットをしてもらって出た結論です。
こういうのは、もともとトレーニング意識の高い人がやりましょう。

では、どんなトレーニングが良いのかといえば、この逆の無酸素運動です。
無酸素運動でのトレーニングとは、激しい運動を短時間でこなすトレーニングです。
体育会系の人は分かりますよね。
部活でやったあれです。

「えっ!?きつっ!! なにより、無酸素運動って筋肉をつけるだけで、脂肪は燃焼しないんじゃないの?」

これは、よく最近まで言われていたことですね。
トレーニング系のダイエットに挑戦した人なら聞いたことがあると思います。

ところが、最近の研究でそれは違うということが分かったみたいなのです。
実際、無酸素運動中は、エネルギーとしてグリコーゲンやブドウ糖などの糖類をエネルギー源として消費します。

けれども…
はいはい、分かっていますとも。
きついのは嫌だ…

はい、そうですね。
私も嫌です。

そこでおすすめなのが有酸素運動、無酸素運動の2つの運動を組み合わせた方法で、ダイエットとしてはとてつもない効果を期待できるのです。
サーキットトレーニングと呼ばれているものです。

これは、
無酸素運動→有酸素運動→有酸素運動→…
交互に繰り返すトレーニング方法です。
ある意味で、陸上競技でのインターバルトレーニングですね。

このトレーニングなら、1日、約3分のトレーニングで効果がだせるそうです。
3分なら、少しくらいきつくても耐えられますよね。

理論を説明してみます。
有酸素運動は、体脂肪燃焼に効果があるが、20分以上の長時間の運動が必要ですね。
これは、体を体脂肪燃焼モードに突入させるための準備時間が平均して20分必要だからです。

サーキットトレーニングでは、無酸素運動によって、強制的に体脂肪燃焼モードに突入させるわけです。
無酸素運動の後は体脂肪燃焼の効果が高いのです。
ということは、無酸素運動の直後に有酸素運動をすることにより、より効率よく体脂肪を燃焼させることができるということになるのです。

いやはや、すばらしいトレーニングが世の中にはあったものですね。
しかし…
私はこれで満足しませんでした。
この効果を利用しつつ、他の健康、美容効果もアップさせる方法はないのかと。
一石二鳥、いや、三鳥のトレーニングをと。

それで、実際に効果が出た方法があります。
もちろん、このサーキットトレーニング効果は利用させてもらっています。
そのほか、美容・健康にも必要な美しい姿勢や、筋肉質には見えないけど引き締まっている全身、強い足腰、疲れにくい体…などなど

様々な効果を短時間の簡単なトレーニングで得られるのです。
そんな魔法の方法についてはこれから書いていきます。

あなたはこの方法にきっと興味を持ってもらえると思います。
なにしろ、5分間でダイエットできちゃうのですから。
なぜ、5分間で、しかも美しく痩せることができるのか…

それは、組み合わせたトレーニング2種類の性質によるものです。
そのトレーニングとは、「サーキットトレーニング」と「コアトレーニング」です。

「サーキットトレーニング」とは?

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせたトレーニング方法です。
これがなぜダイエットに効果的なのかと言えば、短時間で脂肪を燃焼してくれるからです。

今まで脂肪を燃焼するためには、長時間の有酸素運動が必要でした。 しかし実は、無酸素運動の後にも脂肪を燃焼する効果があることが分かったのです。
つまり、無酸素運動後に有酸素運動をやると、相乗効果で脂肪が燃焼するのです。

「サーキットトレーニング」とは、その無酸素運動と有酸素運動の繰り返しにより、脂肪を強力に燃焼してくれるトレーニングなのです。

「コアトレーニング」とは?

これは、「コアマッスル」と呼ばれる体の中心部分のインナーマッスル(深層部の筋肉)を鍛えるトレーニング方法です。
このトレーニングはスポーツ界ではなじみが深く、主にボディバランスを鍛える効果に注目してアスリート界で重宝されているトレーニングなのです。

体を支える筋肉群を鍛えてボディバランスを良くする働きもあるのですが、アウターマッスル(外側の筋肉)同士の連動にも役立っているので、運動をするにあたって体の動きをスムーズにする役割もあるのです。
実際にスポーツしている人にとっては、最大限のパワーを引き出すのにも役立ちます。

それではなぜ2つのトレーニングを組み合わせるのかということなのですが、それにはこんなわけがあったのです。

ただ痩せるためのトレーニングならば、本来の形の「サーキットトレーニング」をしていればよいのですが、実際問題、無酸素運動のほとんどは筋力トレーニングやダッシュなどのようにきついものが多いわけです。

そして、これらの問題点は筋肉ムキムキになる危険があることなのですね。
女性の中では、それを嫌う人もいるのでは?

しかし、「コアマッスル」は深層部の筋肉なので、ムキムキになることはありません。
後で説明しますが、美容・健康に関してその他の利点も多くあります。

それで、組み合わせ方なのですが、「サーキットトレーニング」の無酸素運動のところを「コアトレーニング」に置換えて実践しやすいように組み合わせたものです。

「コアマッスル」は鍛え方によっては瞬発的な力を発揮できます。
つまり、「コアマッスル」を瞬発的に鍛えるプログラムも加えるために、「コアトレーニング」に無酸素運動的な働きを加えます。 そこで、無酸素運動的な「コアトレーニング」と有酸素運動的な「コアトレーニング」、または、有酸素運動のエクササイズを加えることにより、全体で「コアトレーニング」をミックスした「サーキットトレーニング」として“コサート”を誕生させたわけです。

正直、「コアトレーニング」は慣れないうち、少し難しく感じるかもしれません。
しかし、私が教えるこの方法は運動初心者でもできるように、また、慣れてきたらもっと効果のあるやり方でできるように、同じ部分を鍛えるにしても段階的に説明してあります。

運動が苦手!! という人でも、苦にならずに実践できるはずですので、楽しみながらやってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ